チェア

京都 椅子とテーブルの樹種は おなじ でも 違っても素敵です

●奥はウォールナット×ウォールナット●

モダンさと自然素材が持つ個性がたつ椅子、宮崎椅子さんの「kuku-muku」と立野木材工芸さんの引出しつきテーブル「mimosa」です。kukuの高さがテーブルTOPに近くてスッキリします。

●ケヤキ×レッドオーク●

椅子は宮崎椅子さんの「sail」は張地に革を。テーブルはwakabaの天板レッドオーク。脚写ってませんがウォールナットです。椅子の丸みは視覚的な柔らかさとこれもまた自然素材の良さが表現されています。

↓のチェリー×チェリーも同じことが言えますね(^^)

無垢材の家具は、使ったその人だけの価値を残してくれます。

経年変化を味わい、愛着のある道具として是非お好みをご相談ください。

これは分かりにくいですが、チェリーとウォールナット脚のテーブルです。ちなみに天板はリノリウムです。

他店頭には、オークの展示もあります!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。