チェア

京都 tascatasoruteオリジナルDiningTable & 宮崎椅子製作所 kaki no isuを納品しました

前に投稿していたと思っていたのですが、SNSの方のみでした。弊社オリジナルのダイニングテーブルはずっと前から飛騨の職人さんに造っていただいてます。このダイニングテーブルは、ベースとして「ブラックチェリー材」でつくったら良いね。の、「カネル」とゆうモデルです。値段は若干上がりますが、ブラックウォールナット材でもつくれます。ホワイトオークでもつくれます。

接ぎのテーブルにしては厚めの天板で今回樹種が変わったので天板の「角」の丸みをややシャープにしました。これで樹種が変わっても素敵です。変更部分普段は5R。今回は3R。木目も綺麗に通っています。テーブル脚のまるみや角度ははそのまま残しています。

椅子は宮崎椅子製作所さんの「kaki no isu」。

テーブルとのデザインの相性良く、座り心地がよい椅子です。掛けた時、腰の安定感と背板のあたりがとてもお客様に合っておられました。SH445ですが、身長にあわせ踵が床につく様にカットしています。こうすることで座りやすさ◎になります。

「床の色」と「家具の色」が違うと 雰囲気に北欧感が足されます。意匠デザインもより素敵に浮かび、ばっちりです。

張地のサックスブルーもやさしく華やかです。イタリア製の生地で自然素材が多めの生地です。通年通してお使いできる生地です。

テーブルは面の面積がお部屋を占めるので、安定感のあるつくりと何をポイントに選べばよいか是非スタッフまでおたずねください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。