ソファ

京都 家具屋 北区へ宮崎椅子製作所さんのpaper knife sofaを納品いたしました

京都市北区は紫野の アメリカンカジュアルの洋服店 「Hoosier(フージャー)」さんへ、

宮崎椅子製作所さんの paperknifesofa3人掛け を納品いたしました。

樹種は ブラックチェリーの無垢材フレーム。

張地は Dランクの生地「BYRON T-7698-3 赤紫」です。(こちらの張地はこれで廃盤となりました)

マーティンデールは重仕様の生地で摩耗に強い生地です。

光や照明の加減でかなり見え方が異なる色の生地ですが、ザクっとした様な見た目ですが滑らかさもある生地。オールドキリム等の織ったクッションカバーやヴィンテージ生地のクロス等にも相性の良い色と質感です。

良質なアメリカンカジュアルのお店さんです。

いかにもゴツゴツしたフレームの家具をもってこられたり、インダストリアルな家具を持ってこられても 店内の雰囲気を偏らせてしまいそうですが、なんといってもお店のオーナーさんがアメカジもとても清潔感ある着こなしで、今回 カイ・クリスチャンセンの意匠をお選びくださり 万事徹底される空気感を勝手に感じておりました(*^^*)

久しぶりにアメカジをカッコよく着ている大人の方にお会いしました。

今回お選びいただいたソファの生地サンプルは お持ち帰りいただける予備があったので ご自宅で奥様とご検討いただきました。

木部フレームは 無垢材ブラックチェリー材。お店で展示しているフレームもブラックチェリーです。数か月で フワッと飴色に変化してきます(^^)

奥のチェストと手前のソファがブラックチェリーなのですが 色を出すのは難しいデス(;^_^A

カバーは全てカバーリングですのでクリーニングに出していただけます。

替えカバーも別売りでございます。3人掛けで¥68,600~から、生地によって価格は変わります。ちなみに1人掛けだと¥25,400からです。替えカバーの納期は約1ヶ月弱ほどです。

中のウレタンも替えられます(^^)

本体を支える木部フレームは柔らかな曲線や丸みをこしらえ、天然素材からなるソファは快適な座り心地と、使い込むほどにツヤが出ます。味わい深さは 生活の時間と共に生まれる 支持の高いソファです。

ありがとうございました!

 

Hoosier(フージャー)さんのHPを見ていましたらNIRVANAメンバー3人のリラックスした顔の写真が。

20数年前、グランジが流行っていた時、ライブハウスには色んなカートコバーンがいたなぁ。。( ´艸`)

愛用されてたオーバル型のサングラスも、ダメージあるジーンズに金髪まじりの長髪と髭をたくわえてたら、誰がかけてもそれなりに見えたもんです。

聴きたくなりました。

Hoosierさん SNSのインスタグラムも色々と載せておられました(^^)

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。