チェスト・シェルフ・サイドボード

京都 家具屋 草津市へ松井木工さんの Salvia Living board 1570をご納品いたしました

ご自宅をリフォームのお客様。

弊社取り扱い家具は ほぼ受注生産品です(^^)🌸

最初にご夫婦で お見えになられました時に、工事の終了時期を確認し 逆算して納期をお伝えしましてから一旦ご検討いただきこの度ご注文を頂戴いたしました。

広島県・府中市の 松井木工さんの Salvia(サルビア)living board です。

設置場所の 柱と柱の間は約1800ほど。

ここに寸法 めいっぱいの横幅の家具を入れてしまうと ぜっかくの スタイルの線が隠れてしまします。

左右ほどよく 空いたほうが 線がよく際立ち 余裕を持ち合わせた すっきりした空間になります(*^^*)

それでは 少しアップで見てみましょう👀☆彡

扉と引き出し前板は 無垢材です。留めの仕口と、正面の木口は無垢材が10ミリほどしっかり周っています🌸

天板と側面は突板。松井木工さんの突板は仕上げが綺麗です🌸

無垢材と突板の違いって 一見見分けが付きにくいのですが、見慣れてこられますと、表面の密具合がやっぱり無垢材の方が濃いです。

突板は決して安価な素材ではありません🌸

天然木を薄く薄く削り、集成材や合板の上に圧着させることで プリント化粧板では出ない見た目の満足感がぐんと高くなります。

無垢材と合わせて造る時に違和感が出ませんね(*^^*)

今回、お客様のご希望で 中材も無垢で製作しました。

それでは側面から👀

オイル仕上げの家具は、塗膜がかかっていないのでとてもナチュラルな顔になります。

「木の家具」の様子がとても綺麗で陰影が出たときの表面の肌がなんとも素敵です🌸

木の種類は3種類より。今回お届けしました ウォールナット。

その他、ブラックチェリー、ホワイトオークです(^^)

サイズは 引き出しや扉の仕様違いで 幅1050と こちら 幅1570 の 2サイズございます。

深さ違いの引き出しは 収納できるモノの幅が広くなるので使いやすいですよ🌸

ありがとうございました!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。