スタッフの日記

京都 家具屋 広葉樹の家具を入れると空間がひきしまります

完成見学会では一昨年の夏ごろより家具の展示をご依頼いただいています 京都のスタジオリンクスさん

総工費を考えながら 木を生活に取り入れる空間。

一般的にはお施主さんの好みや予算できまります。コストが広葉樹に比べると比較的かかりにくい杉材ですが、一方では「傷つく」のオンパレード。そんなにダメですかね(^^;)

広葉樹の床は確かにそれとは別の魅力がありますが、杉の床材は傷がついても日に焼けてもどんどん家庭の味わいとなりツヤが出て、そして断熱性や柔らかさもいい。

ちなみに弊社では広葉樹の床とずいぶん時間の経った杉床を見ていただけますよ。( ´艸`)

社長が杉床の上で作業していたのでシミがありまくりますが、なんだか味わい深いです。

広葉樹の床同様 敷ものとも相性が良いように思います。

敷かなくても温かみがあるのが針葉樹の塗膜をつくらないタイプの杉床です。

そして、そんな優し気な顔をもった杉の中に、広葉樹の硬さのある木でつくった家具を置くととてもとても空間が引き締まります。

写真のように白っぽい木に、この飴色に経年したブラックチェリーも意外と合うんですよ(*^^*)

カウンターは集成材ですね(^^)

それぞれのメーンとなる樹種のタイプを、それぞれで一貫して そろえてあげれば混合してもバッチリです🌸

その他にもたくさん写真はありますが、是非スタジオリンクスさんのHPへ遊びにいらしてください。

最後の写真は素敵な玄関。

karimoku new standard の家具を置きました。

桧の板壁とよく合っています🌸

格子の玄関から入って広がる住まい。ウ~~~ン 趣味がいいなぁ。

いつもご家族構成を伺って展示しますが背景を知っていると 展示にお邪魔した時にとても施主様の気持ちに添われているように感じます。

スタジオリンクスさんのお家は展示していてとても刺激になります。

スタジオリンクスさんの「施工」のページリンクに飛べるようにURLを貼っています(^^)

手前に展示ご依頼くださった番号は、#23・25・30・31・32・33。

その他は、お施主さんが住まわれてからの写真もあったりしますので、より生活環境を感じられたり、展示依頼いただいた家具もこんな樹種を使っても合うんだ!と、いろいろ発見くださるかと思います🌸

次回、4/11(土)・12(日)の二日間 完成見学会を行われます!

入場無料!

社長の浦川さんはじめ スタッフ2名でご対応なさっておられますが、皆さん気さくで丁寧なので 完成見学会も徐々にお客様のご来場が増えておられる様子です☆彡

やっぱり 親切 を感じられると 信頼 として 安心感 につながりますね。

次回イベントのイメージ写真は以前展示した家具達です。 嬉しいなぁ。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。