チェスト

松井木工 チェスト たとう紙サイズも収納 京都

村澤さんデザインの松井木工のタイムチェスト このチェストのこだわり部分を紹介します。

引き手が彫り込みの手掛かりを作っています。そこの角がアールでなくピン角です。

こちらは角がR面です。

どちらが難しいでしょうか?

家具の角はルーターやトリマーで面をとっていきます。テーブルとかの角はまっすぐなほうが手間いらずですがこういった角は刃物がなく手作業で行うのです。ルーターだと丸くなり、手作業だと角面が作れます。このタイムチェストはデザイナーの村澤さんのこだわりに松井木工さんが答えたチェストです。もちろん引き出しは府中ならではの引き出しをひとつ閉めれば一つあきます。たとう紙 をいれられるサイズのものもあります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。