スタッフの日記

テーブルの塗装について

テーブルの塗装について

家具の塗装にはウレタン塗装とオイル塗装大きく分けると2つあります。

他、ラッカー塗装とかニスで塗りましたとか(学校の工作みたい) うちはセラウッド塗装とかいうのもありますが、基本的には大きく分けて木に塗幕をはるウレタン塗装と木に塗料を浸透させるオイル塗装とに分けられます。

これがウレタン塗装です。

木目が出て非常にきれいです。モダンなインテリアになります。

メリットはしみがつきにくいのと木目が非常にきれいに出るでしょうか?

デメリットは傷がいくと業者にしか頼めない。

こんなワジミは

業者にしか治せないです。家具職人でなく塗装屋さんです。

ほぼそのケースが多いです。

これはすごく費用がかかるんですよ。

次に

オイル塗装について

オイル塗装は木にオスモとか蜜蝋とかアウロとか浸透させる塗料です。

艶消しのテーブル。ナチュラル感のあるテーブルです。

メリットは夏はさらっとしてて、冬は暖かい  木そのもの 自然そのものです。また、メンテナンスはご自分でも出来ます。テーブルにつやをだし育てていく感じの家具です。

デメリットはほっておきとこんなワジミが出来る

けど、サンドペーパーとオイルがあればだれでも治せます。簡単です。

オイル塗装とウレタン塗装、ラッカー塗装とかいろいろありますが、度の家具の何を使うかが大事です。家庭のテーブルの天板はオイルがお薦めです。傷がついたりワジミができることがおおいですので、すぐに直せることが大事です。

事務所のセンターテーブルなんかで椅子がモダンなものであれば、ウレタン塗装のウォールナットなんかカッコいいのではないでしょうか?サインをするときは紙のしたには何か引くと傷も付きにくいですし。

また、箱モノなんかはウレタンにしてもいい家具はいっぱいあります。

家庭でお使いの家具は絶対オイル塗装がお薦めです。理由はメンテナンス費用。

これは次回のブログで。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。