スタッフの日記

無垢材のテーブルのメンテナンス

無垢材のテーブルの塗装は大きく分けてウレタン塗装とオイル塗装があると先日書きました。

オイル塗装の場合、こういったワジミは

400番のペーパーで木目方向に軽くこするか 傷がひどい場合はこんなサンダーで削る

そのあとオイルを塗るとこの様にきれいになります。

何かをぶつけてへこんだ場合も水をつけて 思い切ってアイロンをじゅ~とすると浮き上がってきます。長くほっておくともどらないです。

おそらくこの作業を弊社でお買い求めのお客さんだと1回目は無料。2回目はめっちゃ綺麗にして1万5千円から2万円ぐらいです。もちろんご自分でできるようにレクチャーもします。

これに引き換えウレタン塗装。

こんなワジミや 傷のメンテンスは

業者に出さないと直りません。業者に出すのは簡単ではないです。

たとえば、買った家具が飛騨のメーカーだった場合。

テーブルの梱包する箱を自分で買い。住んでいるところから飛騨高山に送る。そこでウレタン塗装のメンテナンス。そのあと飛騨からご自宅に輸送。考えただけでも大変ですし費用はおそらく安くても5万はかかるでしょう。

ウレタン塗装の最大のデメリットはこれですね。正直、直せない。なおせるけど費用がかかる。購入した時が一番きれいであとは朽ちていく一方です。

家庭でのテーブルのお薦めはオイル塗装です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。