カーテン・ブラインド・ファブリック

京都 プレーンシェードカーテンのコード式の壊れたものを交換してきました。

今日は13年前ぐらいに、別のスタッフが取り付けした、カーテンのプレーンシェードのコード式が壊れたので交換してきました。

交換といっても修理は無理で本体を丸ごと交換です。ブラインドやプリーツスクリーン、木製ブラインドも吐き出し窓に操作方法が

ヒモ(コード式)がありますが、あれを上まであげるのはかなり重たいのでお薦めできません。重たいだけならまだしも、コード式は

今回のように良く壊れます。下手したら2年ぐらいで。

左がコード式。右はチェーン式、ドラム式といいます。

これも吐き出し窓になると少し重たいですが、壊れにくいですし。シェードやプリーツスクリーンなら楽に操作できます。

木製ブラインドにはこの操作がありません。

カーテンの工事はすべての窓をすると新築時だとなかなかの金額になります。その時に予算を抑えるためにコード式にしていしま

うと、後々費用がかかってしまいます。

カーテンの工事も家を購入時に住宅屋さんにローンに組み込めないか相談をし、金銭的に余裕をもったカーテン選びをすると

後々、費用がかかりにくく、気にいったカーテンをお使いいただけます。

たすかーたそるては空間にあったカーテンの提案もしています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。