書棚・本箱

大量の本を収納する為の相談に行ってきました。

 

大学の教授が研究室をでないといけないことに、大量の本を自宅に持ち帰るのに家を改装されることに相談にのってほしいと工務店から依頼がありました。

書棚の設計を考えるよりはまずはヒアリングが大事と思い研究室に行ってきました。

 

まずは教授にどの本が必要で、どの本を処分されるのかを聞いてきました。

それによってどのサイズのどのようなスライド書棚をつくるのか決定できます。

今回は簡単でした。

工務店さんから図面を見させていただければどのような形が必要かアドバイスできます。

本の収納に関して、ヒアリングしどのような本箱を作るべきかアドバイスするのは自分で言うのもなんですが匠の域に達っしてきました。

 

室内を完成させるのが楽しみです。

今回は工務店さんとの共同作業です。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。