トップ > ブログ > 天板の裏に鬼眼をいれる作業。

カラダのわりに太い腕で一枚板を買う店主のブログ

2016.11.13 09:15

カテゴリ:テーブル

ツイートする

天板の裏に鬼眼をいれる作業をしています。

脚に穴が開いておりそこに六角のボルト(JCB)をいれます。

天板の裏側にねじがはいる部分がないとジョイントできません。
そのために天板のうらに鬼眼をいれる作業です。

なかなかリスクもあり慎重な作業です。

乗せ脚の場合はこの作業がいりません。
かなりのコスト削減になります。


ですが、たすかーたそるてではお客さんの安全が第一。天板と脚を固定します。


今日はこの作業を早朝にしました。
加えて天板も納品前にきれいに仕上げなおしました。

記事一覧へ>>

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログ

Facebook

インスタグラム