トップ > ブログ > スタッフの日記

カラダのわりに太い腕で一枚板を買う店主のブログ

スタッフの日記

2018.06.14 19:38

カテゴリ:スタッフの日記

今日は三重県津市まで打ち合わせに行ってきました。三重県と言ってもいまは1時間半ぐらいでいけます。もちろん高速道路をつかってですが。
津市のお客様のお宅は以前、弊社でご購入くださった。かつみゆきお氏のワーキングテーブル



素敵な雰囲気です。東北の鬼ぐるみのテーブルです。

2018.06.11 19:14

カテゴリ:スタッフの日記

30年ぐらい前にご購入の京都市山科区小山南溝町のお客様のブックマン(bookman)を解体処分しました。費用は大きさにもよりますが120幅で3万5千円です。
スライド書棚は壊れるとこもほぼなく・・・背板がちょっとはずれていたが。



BOOK10というシールもそのままに  狭い廻り階段をおろしました、なんとなく中学生の私が手伝って搬入したのと違うかなと思えてきたり・・・作業は90分ぐらい。そのあとおばあちゃんの話を1時間ぐらい聞き、焼却場に持って行きました。おばあちゃんはわかいころ体操選手のように鉄棒をくるんくるんまわっておられたようで・・85歳以上だとおもうのですがお若く見えました。

ちなみにやはり樹脂のレールは



壊れてしまっています。そのため土台も傷が付いています。

やはりレールは真鍮が一番です。

2018.06.10 17:14

カテゴリ:スタッフの日記

  

 以前オリジナルで制作していたウォールナットのテーブルです。厚みが50mm弱あり脚も迫力がある感じで制作しました。座りながら横側から見てもかっこいいテーブルです。
 先日、他の工房に潜入して、ウォールナットのテーブルを見ました、ウォールナットはやはり色が抜けていて、何年もメンテナンスをされて展示されているテーブルはまるでチーク材のようで木目がはっきりとでていました。そんな展示物があれば、それを見ただけでお客様は気に入られるだろうと思いました。
 このオリジナルテーブル、今はお客様のもとでどのようになっているのか気になります。

2018.06.04 14:30

カテゴリ:スタッフの日記

壁面収納家具、作りつけの家具といえばこんな感じでしょうか?

    

 けど、これは昔からある壁面収納家具のイメージです。弊社ではこんな感じよりもデザインや木目をいかした感じ。

  
 

  これはヒラシマさんの壁面収納ですがこんなかんじで施工できます。家具のオーダーをする時、形ばかりにを重要にされ、デザインをいれることを忘れているように思います。たすかーたそるてでは 希望の形、より無垢の雰囲気+デザインの収納家具を製作いたします。
 頭からの合い見積もりはちょっと・・・

2018.06.03 18:00

カテゴリ:スタッフの日記

たすかーたそるてにおいています。リビング収納家具のチェストです。

洋服ダンスとどこが違うかと言いますと引き出しの深さが浅いです。

リビングにチラがってしまう本やチラシ、子供さんが学校から持って帰ってきたものを収納する。また、日常、リビングで使うものを収納するのに便利な家具です。リビングがすっきりしないという方にお勧めです。

   

素材、サイズ 引き出しの選べます。セミオーダーの家具です。

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ

Facebook

インスタグラム