トップ > ブログ > カーテン・ブラインド施工

カラダのわりに太い腕で一枚板を買う店主のブログ

カーテン・ブラインド施工

2018.07.06 15:51

カテゴリ:カーテン・ブラインド施工

今日は京都市の右京区にカーテン工事の為のカーテンの採寸に行ってきました。 2Fはレールのみで結構ですとのことでしたが、一応採寸とチェック。



レールを正面付にした場合、クローゼットに当たらないかをチェックしています。ギリギリ大丈夫です。最近のクローゼット扉はスリムになりましたね。



この場所はレールをダブル正面付にするとあたるので、一本を正面付。一本を枠内の天付でアドバイスします。レールのみですが、セミオーダーの安いカーテンを買われるので寸法もアドバイスさせて頂いています。

2018.05.10 19:15

カテゴリ:カーテン・ブラインド施工

先日、京都の長岡京市にマナトレーディングスの麻のカーテンジルを取り付けしました。





夜は雨戸を閉められるのでレースのみです。

サイズもジャストにいい感じで施工できました。

2018.03.15 21:34

カテゴリ:カーテン・ブラインド施工

先日、モデルハウスに家具をいれた写真です。

   

  

  両物件ともにモデルハウスでこれからお客様が決まりますので、カーテンはお客様の好みもあり、当然、窓周りは何もしてありません。

 けれども、窓にカーテンがないと何となく違和感を感じてしまいます。

家具と家の床、壁と窓の形・仕様に合わせてカーテンを提案したくなります。
 
家具・カーテンのコーディネートをできてこそプロと言えます。

数々の現場を経験していますので気軽にご相談ください。

カーテンの取り付け工事費は無料です。

2018.02.08 17:11

カテゴリ:カーテン・ブラインド施工

本日もカーテンやプリーツり―ンのことについて書きます。

取引先の和室の窓は障子ではなく、プリーツスクリーンを窓枠の内側に取り付けをされています。その施工がたすかーたそるてです。

本来、プリーツスクリーンやブラインドは窓枠のうち寸からマイナス1cmと決まっています。

出入りが出来るはきだしの窓はそのようにしています。

おさまりはこんな感じです。

全体の写真

     


  床からの上がり具合

    

  しかし腰窓高さ900mmぐらいのものは高さをマイナス1cmしていません。スクリーンを勢いよくおろすとカチ――ンと枠に当たってしまいますがマイナス1cmしても同じなので。

それよりも和室に座った時や遠くから窓を見たときに枠とスクリーンの隙間が何か気になるのでジャストサイズで作っています。

これも、たすかーたそるてのこだわりです。


2018.02.07 18:20

カテゴリ:カーテン・ブラインド施工

先日、浴室の窓にブラインドをつけに行きました。
浴室の窓はすりガラスなので見えないように思いますが、夜だと、シルエットとがはっきりと見えてしまいます。
窓が小さいとかまどの裏に塀があって視界が通っていないとかだといいのですが。

こんな窓です。

     

浴室用の突っ張りブラインドを取り付けしました。

    


浴室の窓の目隠しは、ツッパリ式のブラインドのほかにロールスクリーン。


ビスで揉めるようなら木製ブラインドもあります。

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ

Facebook

インスタグラム