トップ > ブログ > 2016年09月

カラダのわりに太い腕で一枚板を買う店主のブログ

2016年09月

2016.09.22 16:49

カテゴリ:スライド書棚

大阪の生野区に幅1260の三重スライド奥側のBOXはA5真ん中もA5前は文庫専用の書棚です。



本をたくさんのお持ちで大きいイレギュラーサイズのものは他に収納しこちらにはA5と文庫、常に読まれる本を収納されます。

2016.09.20 17:19

カテゴリ:スタッフの日記

リビング収納。引き出しがいっぱいでサイズオーダーできるチェストです。なぜ、リビング収納か?洋服入れでないのか?引き出しの深さが浅いんです。奥行きが服をたたんで一枚はいるぐらいです。もちろん、引き出しを深くもできます。が今回はリビング収納として。


これだけ引き出しがあったら便利ですよ〜。デザインもかっこいい。天板は無垢材です。

2016.09.19 13:54

カテゴリ:スタッフの日記

リビング収納の第2弾はサンタフェチェスト。
幅1180奥行き450高さ850です。パイン材の無垢材をうづくり加工をし、全9色から選べるカラーを塗っています。わざとダメージを加えたアンティーク加工です。 ブラックチェリー材の空間のアクセントとかにも良く合う家具です。もちろん、ナチュラルな木目の空間のアクセントにも。天板は蓋になっていてものをがさっといれられます。リビングに有るだけで雰囲気のある家具です。ソファ空間とダイニング空間の間の壁面に設置してみては??

2016.09.06 17:26

カテゴリ:スタッフの日記

今の住宅にはクローゼットや床下収納、天井収納、階段下の収納家具がついていますが、ほんとにそれだけでチェストや昔でいうサイドボード
いわゆるリビングの収納家具が必要ではないのでしょうか?答えは『NO』です。ダイニングテーブル、ソファしかないLDKはチラシや携帯の線や雑誌、本、ゲームが散らかっているか机の上を占領しているかです。リビングにひとつ収納家具があるだけで整頓できます。そこにあるリビング収納はダサくなく、壊れにくい家具です。その第一弾を紹介するのはこの収納家具です。

2016.09.05 22:01

カテゴリ:家具の納品

京都建物様の現場でハナリ 調光ロールスクリーンを取り付けしました。
はきだしはレースカーテンです。

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

オーダースライド書棚

オンラインショップ

facebook