トップ > ブログ > 2017年08月

カラダのわりに太い腕で一枚板を買う店主のブログ

2017年08月

2017.08.30 14:01

カテゴリ:スタッフの日記

少し気持ちがバタバタしていましたが、
落ち着いてきましたのでわかり易く連日投稿しています。



こんにちは、澤井です。
お付き合いください。(*^v^*)




表題には今回 BAG を。
弊社取扱いメーカー 「広松木工」さんのカバンです。
ソファ等で使われておられる 張地 は全て広松さんのオリジナルです。



中でも綿の張地“ピエトラ”は風合いがお洒落です。




ソファでみていただきましょう。♪



張地を見ていただきたいのですが、
こちらのソファ。
後姿も良いのです。(^v^)


「RIPOSO」(リポーゾ)
(※W1400で店頭展示ございます)





同じ生地を使用しカバンになりますと、

 「FRESCO トートバック・バケツバック」
右サイズ:W25〜40cm D24cm H24cm ¥11800+税
左サイズ:W43cm D16cm H25cm ¥18000+税


で、ですね。
使っている細かいパーツも雰囲気を底上げしています。

例えば、ハンドルをジョイントする為のボタンの表面を叩いてます。




カバン右のサイズ感はこのような感じです。



「THE バケツBAG」で、特にポケットはありません。
でも、全体の深さとして深くないので小さな鍵も迷子にはならないです。

左のカバンは内側にポケット1つあります。


ご夫婦や親子様で持ってらしたら素敵ですね。



ちなみに、左のバックはもう1色↓の色ございます。



広松木工さんのカバンは上記2種類の取扱いです。
・・・が、あまり置いてらっしゃるところも少ないので是非見ていただければと存じます。


最後に、生地のご説明にて本日は失礼いたします。^^




〜ピエトラ | Pietra (帆布 綿100%)〜


帆布生地を広松木工オリジナルの色で染め、
ストーンウォッシュ風加工を施しています。

独特の味と風合いが特徴の生地に仕上げています。
特厚の帆布生地(コットン100%)を使用しています。

この生地は、通常のミシン針では針が折れ てしまうほど丈夫な生地で、革の縫製で使うミシンで縫製しています。

2017.08.29 13:02

カテゴリ:家具の納品



こんにちは。
澤井です。


先日、必死のぱっちの思いで3階から1階まで一人(社長がです)で担ぎおろした一枚板のご納品へ。

余談ですが、
「下ろす前の日の夢にまで一枚板出てきたわw」と、
夢の中でも担いでいたそうで、
ただ、夢の中だもんで「楽勝 楽勝」(^o^)/♪の感想だったそう。

それだけ緊張感に覆われる事なんですよね。一人ですもの。
今回に関しては、わたしくしの非力な手を貸しても逆に危なくなるだけと、よく分かります。

当日は、怪我されないか怖くて私も直視できない位の緊張感でした。
(だって、届いた日は男2人でもきつそうでしたから。それを一人で)


ご納品日は無事、社長のお友達様の手を借りてご納品。
koubeeee様ありがとうございます!
さすがの筋肉です。


さて、今回は社長の子供のころからのお友達のご自宅を全面リフォームのご相談から始まりました。
「家具どうしよ?」

壁のクロスは、この中からお選びになられては?・・と、社長。
マナトレーディングをご提案。
躍動感あふれる線が、一枚板の優雅な無垢材と絶妙にマッチ。


椅子は予算を抑えたい。とのご要望。


お料理人のとある大将が仰っておられましたが、
「味の〇」も使い方を間違わなければ良い調味料」との言葉に、
なるほどな〜と思った記憶があります。


ホンマもん は、やっぱり格好いい。

けど、予算の中で合わないものを「これは〇〇だからと」意地を通してしまう硬い頭より、
もっと柔軟に「こんな方法もある」と、より一層気持ちがお客様に近いほうが良い。

着地はリプロダクトの椅子へ。


だって、
お客様だって、マナを良いと思い、選び、一枚板の格好よさを思い、
選び、「自分自身のセンス」と、あまたある家具やコーディネートの中で「わたしは僕は、コレが好き」と真剣に考えてこられたので、
良し悪しは充分ご存じ。


本当によい空間が出来たなと思いました。

そして、
ご納品後ご来店くださった時の「サイコ―やでほんまに」のお顔は
とても魅力的でした。

K様、この度は本当にありがとうございました。

社長、無事ご納品までお疲れ様でございました。

2017.08.23 17:07

カテゴリ:スタッフの日記

みなさま
久しぶりの更新でございます。
スタッフ澤井です。


弊社3階改装予定に伴い、ディスプレー品のセールを少ないながらに
ぼちぼちやっておりますが、
どれも思い入れがあったりと親近感のある家具達ばかりなので、
お買い求めくださったお客様のお顔はしっかり覚えておりますし、
何が本当に嬉しいかと、
我々が感激するほど「気持ちの良い」お客様ばかりで、
あぁ・・(*^^*)このコはこのお客様の元で活躍するんだ。
・・と思い、感激でハートが震えております。


(おおげさですかね)笑

でも本当にありがとうございます。


弊社取扱い家具はどれも 受注生産品 ばかりです。
最低でも1ヶ月はお時間いただいております。

お客様より時間を頂戴して、
出来上がりお店に到着した家具を検品する時は、
木目にむかって心の中で話かけちゃいますもの。

40目前の大人がややメルヘンチックなのですが、
でもそれほどの気持ちになるのも「天然無垢」の家具は1つ1つがオンリーワンなので、
どうしても家具の向こうにお客様のお顔が浮かぶのです。



前置きが長くなりました。


今日は、無垢材のサイドテーブル。
福岡は大川市の「広松木工」さんの「ルメ」サイドテーブルです。



同じく、広松木工さんのソファ「シエロ」と一緒に展示しております。



シエロも今回セール対象でした。
張地には日本産の麻が使用され、耐久性はとても良い上質の麻です。
全てにおいて状態もよく、無垢フレームもゴツゴツしておらず、
でも絶妙な太さを確保しているので、
派手すぎない「これでもか!」感のないお洒落なソファです。

このソファもご成約が決まり、
happyな雰囲気にいつも感謝しておりますご家族の元へ近々お届けです。



さて、「ルメ」ですが、高さは49p〜70pまで可動範囲は広めです。

天板もφ56pとモノを書いたり、タブレットを置いたりと、
余裕のサイズ。




最大70pの高さは、一般的なダイニングテーブルと同じ高さにまで
なるので、少し低くするとダイニングに添って
サブ使いのできる優れものです。


樹種は、
オーク材¥42000+税
ウォールナット材¥48000+税
チェリー材¥48000+税

どちらも全て無垢材オンリーです。仕上げはオイルです。





どちらも展示品は売れてしまいましたが、
お取扱いはしてございます。

詳しいお話は是非店頭でお話しできればと存じます。




----------------------
この夏も。との事。
数年前、弊社で一時働いておられた方が、
お嬢さんの夏休みを利用してアメリカから京都に里帰りの際、
週2日ほどお店に手伝いにいらっしゃいます。

今回私は初めてお会いして、色々と教えてくださいました。

Nさん。

お昼休憩には、時々お嬢さんお手製のお弁当を。


ママへは初めてだそうです(*^^*)

ごはんのところにはお顔を拵えて、凝ってますね。
お弁当を広げられた時に じーーーーん としました。
気持ちが可愛いですね。^^





最後の日には、「これをわたしと思って、どうぞ」と、
いただいた植物。


枯れさせない様にしないと!

また来年もお会いできます様に。

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

オーダースライド書棚

オンラインショップ

facebook