トップ > ブログ > 2018年01月

カラダのわりに太い腕で一枚板を買う店主のブログ

2018年01月

2018.01.31 17:59

カテゴリ:リフォーム

お店の3Fですが、部屋を仕切るために間仕切りを施工しました。

建具屋さんに建具を製作してもらい、家具職人差に建具を塗装してもらい下準備ばっちりで来てもらいました。

まずは、水平機で戸当たりと敷居などの位置を決めていきます。

  

 施工中です。

  

 敷居をつけ建具は3人がかりで調節し差し込みしました。高さH2400の建具です。建具はアルダー材に塗りつぶし塗装。アル

ダーにしているのは軽いのと節が後から出てこないようにです。

 完成後はこんな感じです。ガラスは旭硝子のブラウン。

 

 上の鴨居はすべてアンカー止め。カーテンとかと違い人が引っ張る力が加わらないからそれだけで十分持っていました。下穴に

ビスを打つのには1mmもずれてはいけないので、そのような下穴開けであけられていました。

家具を展示した感じがこんな感じです。

 

 このような間仕切りを建具でする場合。壁とのとりあいや、建具同士の縦位置のづれを多少気にされない場合は安く施工できま

すが壁と建具の隙間をなくしてとなると床からレベルをあわせ直角をすべてにおいて出していかないといけないので繊細方には

お薦めできません。

 リフォームで価格を抑える場合は多少のことは目をつぶれ!!ですね。笑

2018.01.30 14:30

カテゴリ:スタッフの日記

最近の住宅でよく見かけるのがリビングスペースの一部に和室を作り、その和室を床から300mmほどあげて、その下に駒つき

の引き出しをつくって収納スペースを作っているもの。

そのスペースの採寸にいってきました。

造作部分の大工工事は、施工会社、大工さんによっても収まりは様々です。

  

  

 この大工工事は正直 アウトです。

 どこかわかりますか?

 引き出しの前板は25mm〜30厚あります。ボードの厚みはこれ12mmです。

 引き出しの前板はメジャーで33cmの高さまで来ます。

 高さは問題ないのですが問題は厚みです。製作した引き出しの小口が横側から見えてしまいます。

 30mmの材料で制作した場合、ボードの厚みは12mmで18mmほど小口が見えてしまいますね。

 わかります?

 引き出しの厚みを考えずに製作されていないんですね。これは大工さんよりも監督が指示しないといけない事です。

 たすかーたそるてではこんな引き出しの造作も工務店と打ち合わせをして製作しています。

  

2018.01.29 13:11

カテゴリ:カーテン・ブラインド施工

今日は13年前ぐらいに、別のスタッフが取り付けした、カーテンのプレーンシェードのコード式が壊れたので交換してきました。

交換といっても修理は無理で本体を丸ごと交換です。ブラインドやプリーツスクリーン、木製ブラインドも吐き出し窓に操作方法が

ヒモ(コード式)がありますが、あれを上まであげるのはかなり重たいのでお薦めできません。重たいだけならまだしも、コード式は

今回のように良く壊れます。下手したら2年ぐらいで。



左がコード式。右はチェーン式、ドラム式といいます。

これも吐き出し窓になると少し重たいですが、壊れにくいですし。シェードやプリーツスクリーンなら楽に操作できます。

木製ブラインドにはこの操作がありません。

カーテンの工事はすべての窓をすると新築時だとなかなかの金額になります。その時に予算を抑えるためにコード式にしていしま

うと、後々費用がかかってしまいます。

カーテンの工事も家を購入時に住宅屋さんにローンに組み込めないか相談をし、金銭的に余裕をもったカーテン選びをすると

後々、費用がかかりにくく、気にいったカーテンをお使いいただけます。

たすかーたそるては空間にあったカーテンの提案もしています。

2018.01.28 14:55

カテゴリ:スタッフの日記

現在、たすかーたそるて 家具のヤマカワの取り扱う家具はナチュラルモダン空間・家具です。

家具のヤマカワは創業 文政元年 ことしでちょうど200年になります。

以前はカラーBOXを中心とした箱物家具ばかりを販売していました。藤の家具と勝見幸雄氏をはじめとする無垢材の家具。民芸

モダン家具を中心に取扱、ここ10年ではナチュラル空間。無垢材の床に無垢の家具。アイアン。塗り壁。 現在はより進化しナ

チュラルモダン家具です。

私で3代目ですが、先代、先々代とかわらないのは家具の作りにこだわっています。ぐらつきのないテーブル、反らない扉、面が

はがれてこない家具。このこだわりは現在が一番もって、販売しております。そこは内にスタッフにも徹底しております。

ではナチュラルモダンって?

   

写真で見てもらうとこんな雰囲気です。そうですたすかーたそるての3Fは無垢材の家具の中に洗練されたデザインや北欧テイス

トイタリアのデザインの照明をあわせたり。また、より空間がすっきりするように椅子をそろえたり、お洒落なデザインの箱物家具。

リビング収納を提案。壁の意匠にもこだわって、提案いたします。

工務店やハウスメーカーの営業マン、建築士とはちがった空間の提案を

作りのこだわった家具を中心にさせていただきます。

こだわりのスタッフがお待ちしています。

2018.01.27 10:56

カテゴリ:リフォーム

お店の一部にウィリアム・モリスのクロスを張りました。

イギリス・イギリス。モリス・モリスしすぎない感じのクロスです。

オーク材の床やケヤキの一枚板のハードな感じにも違和感なく、また、ナチュラル過ぎる空間にもならずです。

 

 椅子は宮崎椅子製作所さんのペペアームチェアにKWのオイルレザーを張っています。

 たすかーたそるてではありがちでない、少し思い切った内装、リフォームのご提案もさせていただいております。

 お店のセレクトしている家具。オリジナル家具。店内の雰囲気など見に来てください。

 気軽にお立ち寄り頂くだけでも、大丈夫です。

 空間は照明器具の明るさも体験していただけるようになっております。

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ

Facebook

インスタグラム