Staff Blogスタッフブログ

続・北区へフルオーダーのブラックチェリー材70角テーブルを納品しました

 

先日に続きまして、テーブルのご納品です🌸

1本つくりのオーダー品でこの度 ご注文いただきました。

 

引出し付きのダイニングテーブルです(^^)

サイズを決めるにあたり、先ずは沢山の条件を明確にピックアップします。

 

・普段は、お一人でお使いになられること ( + 時々、1人または2人の来客)

→ 1人が使うにあたり必要な有効寸法は、幅600に対して奥行きは約350~400

 

・ソファに合わせてお使いになられること

→ お使いになるソファの座面高は385。座面高に合わせてテーブルTOPを決めます

 

その他、

部屋の広さに対して置かれるソファの奥行きによりどこまでテーブルのサイズが確保できるか、

ソファに合わせてもおりますが、新しく椅子もご購入くださいましたので、

その椅子の間口はテーブルの脚間におさまるか。

等々。

その他にも沢山のチェックポイントを踏み、今回お造りとなりました🌳☆彡

 

 


 

 

事前にお部屋サイズをメモでいただいておりましたので家具のサイズを合わせて絵に入れています(^^)

(ソファsize・・・幅1960 × 奥行800)

 

3Dでシーンをつくりテーブルサイズを決めます💻👀

 

 

 


 

 

そして、決まりました!

700角のTOP640のテーブルです(^^)

今回引出しは、お母様の生活の様子をよくよくご存知のお嬢さんの案で、

1・TVのリモコンが入ること。 = 携帯電話も入り、モノの住所もここへ決定、電話が迷子にならない

2・A4のクリアファイルが縦に入ること

3・目いっぱいまで引き出せてモノが取り出しやすいこと

 

 

 


 

 

そして、シンプルなテーブルなのですが、

合わせる家具の意匠に寄せて天板のアールや木口の丸み、

脚の太さと全体のバランス、脚のエッジ、脚間の確保。

 

脚間を軸に天板のアールは大きく取れるところまで取っています(^^)

 

木口の丸みも綺麗に整え、

ブラックチェリー材が褐色してきたときにチャーミングな雰囲気になるように等も🌸

 

 


 

 

下記の写真達は工場での写真です。

(弊社のオリジナルカップボードをお願いしています岐阜の同じ職人さんです)

 

 

 

 

 

天板の厚みは30🌳

木口の丸みで、ごつさもなくなり、かといって薄い印象もないよう30の厚みにしました(^v^)

 

 

 


 

 

最後に少し天板に寄ってみます🐦✨

 

ルックスよく仕上がったブラックチェリー材✨

途中までは工具を使って磨いていますが、最後は人の手で磨きはフィニッシュです。

 

 

オイルの仕上げも発送日から逆算して添付していただき、

ご納品時にはオイルがしっかり馴染んでいます(*^^*)

 

 


 

 

いつもオーダー品はこちらに送っていただく前に写真をいただくのですが、

木取りのあわせセンスも本当にバランスが良くてとても嬉しくなり、

直ぐに職人さんへ電話をすると、職人さんも “まってました!”的な、声色明るく、ご納品前に喜びを分かち合っていました。笑

 

 

ありがとうございました!

 

 

go to top