カーテン・ブラインド・ファブリック

京都 ブラインドやスクリーンの高さ寸法について

本日もカーテンやプリーツり―ンのことについて書きます。

取引先の和室の窓は障子ではなく、プリーツスクリーンを窓枠の内側に取り付けをされています。その施工がたすかーたそるてです。

本来、プリーツスクリーンやブラインドは窓枠のうち寸からマイナス1cmと決まっています。

出入りが出来るはきだしの窓はそのようにしています。

おさまりはこんな感じです。

全体の写真

    

床からの上がり具合

しかし腰窓高さ900mmぐらいのものは高さをマイナス1cmしていません。スクリーンを勢いよくおろすとカチ――ンと枠に当たってしまいますがマイナス1cmしても同じなので。

それよりも和室に座った時や遠くから窓を見たときに枠とスクリーンの隙間が何か気になるのでジャストサイズで作っています。

これも、たすかーたそるてのこだわりです。

関連記事一覧