Staff Blogスタッフブログ

京都 既製品・合板の書棚の修理に行ってきました。

先日の大阪を中心とした震災で、30年ぐらい前に納品した「既製品のスライド書棚」の修理依頼があり、行ってきました。ボルトで閉めるメス側を鬼眼といいますが、鬼眼がはずれてしまっていたので、本体のBOXを後ろに出し、違う鬼眼でBOXと天板をジョイントしました。

そして、耐震対策に天板と壁を固定。

がっちりと固定できました。

次に移動BOXをいれたところ天板が移動BOXを干渉しスムーズに動かない。

天板が垂れ下がっていました。

「かませ木」を入れ、

スムーズに移動することができました。

本体も内側からビスを打ち、壁側に固定しました。

やはり、「フラッシュ構造・合板の家具」は修理も大変で難しいです。

無垢材の家具はすべてに芯があるので直しやすく壊れにくい。

弊社オリジナルの「杉無垢材のスライド書棚」は、

高額ですがそれなりにいいものであることを、作業しながら実感しました。

go to top