チェア

京都 Hitokeiダイニングテーブルと宮崎椅子製作所pepeチェア&R+Rチェア納品しました

GW初日。各々職人さん頑張って造ってくださって家具を納品できました!お客様も大喜びで、わたくしも嬉しかったです。今回はご主人が幼少期~ご結婚なさるまでのご実家をリノベーション。おくどさんがあったり、井戸があったり、御台所に井戸があり、その上には名残りの滑車が。使いこまれた仕事の道具は趣があってその滑車を今回そのまま残してらしたり、工務店さんの技で、古い建物にかかわらずきちんと水平レベルをとっておられたり、アーチ状の塗り壁や新しくお造りになった建具も素晴らしく、ご紹介したいけど控えます。100年前の煙突煉瓦に合わせて新しいレンガを使われたり。時代が経ったものに触れるとパワーをもらえる様です。

今回納めさせていただいたHitokeiダイニングテーブルは幅2200。椅子はPePe背無垢で張地はC生地でマスタード系。写真の照明でだいぶん黄色いですがもっと落ち着いてます。

そして、先に出来上がったカウンターチェアと同じシリーズのチェアをご納品。

樹種は同じで張地は変えられました。素敵~~

生地は奥の白色はフィンランド製のペーパーコード。手前の優しい紺色はイタリア製です。

椅子の前の石造りが元・井戸です。潰さず、井戸の神様が御宅を家内安全に守ってくださりそう。その上には大工さんによる天板を設置なさり、天板厚が40強はありそうな木目の綺麗な天板でした。厚みの天板があることで、空間にメリハリが効きますね。おかげでR+Rのシルエットが際立ちます。

関連記事一覧