スタッフの日記

京都 kokoroisi kogei (心石工芸) 新しい革がはじまりました

新革「MO」(クロームナメシ・セミ アニリンレザー)

セミアニリンレザーは、 染めた革のおもてに薄くラッカー塗装されています。革の質感を損なわい程度にです。色あせや汚れをある程度防ぐ加工がされています。でも元々の原皮はグレードの高い高級品の革を使用しているので、きめ細やかな革質を楽しんでいただけます。

まとめると、

・色があせにくい

・手入れがかんたん(乾拭き週1でOK)(手垢がついた場合はぬるま湯で絞ったタオルで拭き、その後充分乾拭きでOK)

・しっとり感のある触り心地

・革本来の傷あとがある、シボや皺の出方に表情がある

・汗をすわない

・使い込むほどに、表面が滑らかになり艶が出る

デメリットは、染料と「顔料」をを併用しているので(ラッカー)表面の劣化によりひび割れを起こす。

このデメリットは他の100%顔料より劣化が緩やかなのと、本来の材質が本革なので、

PVC=塩化ビニールのような事はありません。ご安心ください(^^)

塗装膜が革を保護しているのでクリームやオイルなどは革に染み込みません。クリーナーも同様です。クリーナーによっては溶剤や研磨剤が入っているので塗装膜を痛め耐久性が落ちてしまうので使わない事をおススメしています。

一番したの赤紫、綺麗ですね。

関連記事一覧