Staff Blogスタッフブログ

京都 家具屋  北区へ広松木工さんのCORNICE(コルニーチェ)リノリウム素材×無垢材 ダイニングテーブル納品しました

北区へ広松木工さんの コルニーチェダイニングテーブル 1400を納品しました。今回 天板はリノリウムです(^^)

リノリウムは昔からヨーロッパで主に使われていた天然素材です。

塩化ビニールに間違われる事もあるのですが、全く異なっています(^^)「亜麻仁油、 天然ロジン、木粉など天然の原材料」からリノリウムは作られる自然素材です。

いわゆる 塩ビと違い、環境破壊をせずに維持、継続できる素材とゆう分けですね~~~🌸

脚は無垢材です。

天板裏も綺麗にリノリウム。

木口は無垢材ですよ。

脚はこのデザインなのでしっかりボルトで幕板と連携固定しています!

このリノリウムは他にも色があります。

ちなみに天板無垢材もございます!

そのほか、形も色々と豊富です!弊社は狭いお店なので、850角のリノリウムを展示しています(^^)

聞きなれない素材なので、やや謎は残るかと思います。リノリウムの特徴をオフィシャルから引っ張ってご案内です!

・天然の抗菌性

原材料の亜麻仁油は抗菌性があり、昔から薬としても利用されてきました。
そのためリノリウムにも天然の抗菌性があり、大腸菌やMRSA にも抗菌性を発揮します。

・耐久性

リノリウムは施工後も呼吸をし酸化し続けます。これにより強度も増します

・耐タバコ焼け性

タバコの揉み消しをしても溶けることはありません。

・生物分解性

リノリウムは生物分解性があり埋めると土に戻ります。

・燃やした場合

無垢の木材と同じで、水と二酸化炭素のみが発生します。
この二酸化炭素は原料の木材やジュートが成長する過程で吸収される量と同じです。

たばこのもみ消しに最初 驚きましたが知っていても怖くて出来ませんね。

うちの会社は非喫煙者ばかりなので身近にタバコもないのですが。

ありがとうございました!

go to top