ソファ

京都 埼玉県へ広松木工 FREX sofa1680を納品しました

京都へのご旅行がきっかけでご来店くださいました。

・・・と、申しますのも こちらのお客様が御夕飯を召しあがられたお店にたまたま弊社社長の双子の弟さんがおられ、お客様と弟さんが同じ職種とゆう事から お店の方を介してお店で盛り上がり、後日早速来店下さった次第です。

何となくふらりとウィンドーショッピングでお越し下さったのですが、今回ご縁頂戴しましてご注文くださいました。(^^)写真を撮りそこねたのですが、この時一緒にHIRASHIMAさんのローテーブルもご購入くださいました。

樹種はオーク材。

脚はスチール脚です。

スチールは 鉄 を母体とした素材です。少しの 炭素 を合成した合金のことです。耐食性は鉄と変わりませんが、鉄よりも数段強度は高いといわれていますが、どちらも強いと思います。

お店にはウォールナット材で展示していますが、こうしてオークを見てまた節をきれいに仕上げているところも好感度が高いです(^^)板目が無垢材の持つムードを盛り立ててくれます。

張地は綿100%の帆布。6号の分厚い生地です。

そこへストーンウォッシュを施して生地を滑らかに柔らかく仕上げています。自宅で洗える生地です。

家具自体の意匠はとてもニュートラルな立ち位置で、張地の組み合わせや樹種によっても色々なシーンに順応します。それでいて個性も兼ね備えているのであるようでない。そんな家具だと思います。

背板の削り出しの無垢材は自然な流れで、空間にほんの少しの重厚感を足してくれます。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。