ソファ

京都 高橋一生さん出演の生茶CMのソファ

見慣れたソファがTVに映っていて、しかも素敵な俳優さんと素敵な空間にメーンとして使用され驚きましたー!!サイドボードはどこかな?でもこのサイドボードはねじ込み脚だな~。とか思ったり。スツールなのかサイドテーブルなのかはどこかな?詳しく分かりませんでしたが、このソファの名は「ペーパーナイフソファ」といいます。デザインはデンマークの カイクリスチャンセン さん。製作は 宮崎椅子製作所 さん。素敵な椅子。わたしも自宅で一人掛けを使っていますが、中々ほんとうに寛げる椅子だと毎日思って使っています。勾配が絶妙に良いです。

お店にも展示しています。展示サイズはCMと同じ3人掛けで 幅1680 ブラックチェリー材です。

CMはウォールナットですね

高橋一生さん爽やか~~ 素晴らしい借景~~

前・横・後ろを見まわしても、目に入る所にはビスなどの金具が見えないのも個人的には高ポイントと思っています。木製に留める為の金具が見えると何だかちょっと、ん~~。。。とゆうか、だったら木栓して欲しいし、でもその金具が真鍮や銅などだったら天然木+家具金具のリズムとして素敵な美観が保たれると思ってたりしてます。その良い例には同じく宮崎椅子さんの「sail」(セイル)チェアなんかそうですね!

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。