オーダー家具

京都 家具屋 北区へ オーダーのホワイトオークの吊戸棚を納品へ行ってまいりました

晴天の午前中、先日のレンジ台と吊戸棚を納品に北区の御宅へ行ってきました。

レンジ台と吊戸棚 は今回 全てフルオーダーです(^^)

HPを見て お問合せページよりメールでお問合せくださいました。その後、お電話や数回メールを交わして ご来店くださいました。

最初に ご来店くださったのは昨年の10月末。

弊社の京都のお店は2階なので、奥様が ここかな?の様子で

少し こわごわとご入店くださったのを覚えております(*^^*)

あぁ、もう 懐かしく思います。

「今直ぐではないのですが、現在家を建てていまして、来年(2020年)の 5月か6月頃なんですけど。。。」と、仕様やご予算等 ご希望を伺い、ご提案を重ね、お見積りへ。

そこから 製作までに約60日位を目安に ご検討いただきました。

さて、納品日は 社長とわたくしと、社長御宅のご近所さん 大学生の方がアルバイトに来て下さいました。

本当はこの日の全て納品するはずだったのですが、採寸時にはなかった階段に壁が出来ていて、どう考えてもどう考えても、養生シートでガードしても2㎝厳しかったので、レンジ台は日を改めて。。。(´;ω;`)ウッ…。。。吊り上げます。

さて! 事前に 設置場所に関しては 工務店さんへ  どこの どの位置に どの位のレンジ台と吊戸棚を設置する旨を現場監督さんへ連絡しています。

なので下地は入れていただいてますが、今回の壁は クロスではなく 塗りの壁! 位置も何度も打ち直す事は避けなければ壁にひびが・・・。慎重に下地を確認します。(写真は社長の山川です)

メジャーでレンジ台TOPを測り、吊戸の位置も測り、マスキングテープで位置づけ。

(脚立の脚元は もちろん 家具用の布団を敷いていますよ(^^)🌸)

そして、大学生の方と わたくしとで支えて、水平を保ち、もうぴったりで、無事最初の固定ビスを打ち込めました。

下の写真は打ち込んだ後、わたくしは離れて任せました。

そして全て打ち込み終えたら、綺麗に掃除機です~~~~(^^)

それでは、設置後の写真を続けて。

片側は壁にとん付けなのですが、写真の〇の様に、角を合わせても水平は出ません。

なので、この隙間をきちんと後日コーキングしますよ!コーキングも工務店さんに任せず、現場の大工さんのお仕事を増やさない様に お客様も気を使われない様に ちきんと我々でいたします(*^^*)

そしてそして、それではサイズ等スペックのご案内申し上げます。

   吊戸棚・・・幅1800 奥行350 高さ350  樹種:ホワイトオーク   本体:高級突板   棚板:可動1枚

反対側も将来的に 棚板が欲しくなったら 追加が出来る様に ダボ穴とピンは 同じように 造っています(*^^*)

引き戸にはコロを入れて、とても軽い力で 戸びらが動くようにしています。

つまみは無垢材です。 木口は無垢材をまわしていますよ!

奥様は身長が155㎝ほどで、ご主人様は約170㎝くらいと仰っておられ、

吊戸棚は奥様の身長に併せて 低めの位置を御希望 でした🌸

位置やサイズ感は わたくしを目安にしていただいたら分かりやすいかも知れません(^^)

そして、リビングからキッチンを見た時はこんな感じです🌸

近日中に、外に生コンクリートを施されるので、家の引き渡し後~ お引越し前に 下のレンジ台を設置しにきます!

今回も広島県・府中市の松井木工さんへお願いしました!

下のレンジ台は また納品しましたらアップいたします(^^)

・・・・写真を少しだけ・・・レンジ台の戸板はホワイトオークの無垢材です🌸

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。