書棚・本箱

京都 家具屋 岡山県倉敷市へ杉のスライド書棚を納品しました

お客様のご紹介で最初は奥様がダイニングテーブルをお探しでご来店でした(^^)

杉のスライド書棚は奥様がご主人様へ「こんなのあったよ」とお伝えくださり、お問合せから蔵書のヒアリングと設置したい場所の寸法によって総奥行を計算し、この度は 全てA6サイズ でお造りとなりました!

総丈2150 奥行374 幅1350の3重スライド書棚です。

最初のお見積りから約1年後のご注文でした。

色々なパターンをご提案。もちろんそのパターンの数だけお見積りもセットです(^^)時間を充分かけてご検討下さった分、設置後は それはそれはとても喜んでくださって、沢山考えて良かった。と、お言葉をいただきました。

全て設置終わって片付けをしている時に、ふと見ると すべすべの杉無垢材を嬉しそうに触れておられたそうです。(*^^*)

今頃 本が順序良く おかしなデットスペースもなく 綺麗に並んで収納されているかと思います。

う~~~ん❀❀ とても素敵だろうなぁ

「自分の本」大切なモノが美しく保管されている様は本当に見事です。宝物ですから(*^^*)

***********************************

パーツは全て長年の仕様でも劣化に耐える 考えたパーツを使用しています。

可動棚に使うローラーの品質もです。

よく「20年位前に買ったブックマンを使っていてレールに不具合が・・・」等、どうしようかとお困りのご相談をいただきますが もうブックマンは会社様がないので 弊社はブックマンのメーカーではなのですが、弊社にどうしようとご相談のお電話くださったりします。

ブックマンはプリント化粧板なので、また杉の無垢材に比べると趣がちがいます。

<写真は 弊社 昔の杉の書棚のリーフレットです>

これを機に木のぬくもりを生活に感じながら 美観良く、長く使える弊社のスライド書棚に買い替えのお客様もいらっしゃいます。

でも、どんな良いパーツを使っていても、ながく快適に使えなければなりません。本を入れると総重量が数百キロにもなる本箱を造るノウハウが実績とともに長く使える品質になっています。

棚板1枚でも工夫を凝らしています。こちらはまたお店でご案内いたします(^^)

たまに造り方が分からないと住宅メーカーさんよりお問合せをいただきますが、(時にお客様を装って)ご遠慮させていただいています。・・・と、ゆう感じなので、簡単に作れそうですが実は色々とかんがえられた スライド書棚 です(^^)

弊社の杉無垢材スライド書棚は 関東では東京は国立駅から徒歩5分の場所で現物を見ていただけます。

毎月 第3 金・土・日の日程で東京へ行く予定ではありますが、時にこの3日間の内、関東方面のお客様の御宅へ設置場所の現地確認へも行っていたりしますので、現物をご覧になりたいご希望のお客様は弊社へお電話かメールのご連絡いただけますと幸いです!

上記の写真は国立のです。杉無垢材と共に、書院も展示しています。

毎月の東京の予定は第3週以外の時もございますので HPのお知らせ欄でご確認ください(^^)

京都のこちらのお店でも杉のスライド書棚の現物はございますので是非お立ち寄りください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。