チェア

京都 家具屋 江東区へ広松木工さんのハーバードチェアを納品しました

江東区へ広松木工さんの ハーバードチェア を納品しました。樹種はウォールナット材です。無垢材のオイル仕上げです。

背板の一番高いところが72㎝なので ダイニングテーブルの天板くらいの高さです。

TOPの高さの面が合っていると低さが出て主張しすぎず絶妙なバランスでかっこいいです。

この椅子は シェーカースタイルの脚の造りを広松木工さんの解釈で新しいスタンダードをつくられました。

シェーカーのスタイルの独特な脚。簡素なシルエットが目をひく椅子です。

後方に傾斜しておりますが、掛け心地は傾斜を感じさせません(^^)

このハーバードチェアは背板が 腰から肩甲骨の間を包むようにフィット感が増しています。

大きな体格の方も、小柄な方も、皆さんに掛け心地の支持をいただいています🌸

お店にはブラックチェリー材で展示しています🌸座面のテープ編みも他の色でも展示しています。

座面のテープ編みは色お選びいただけます!(同価格)

軽くてコンパクト。

そして ずっと飽きさせないシェーカースのタイルを汲んだ 控えめなスタイルの椅子ですが、

そんなスタイルだからこそ 魅力的なクラフトマンシップの空気感をいつも洒落た雰囲気で感じさせてくれる椅子です(^^)

ご納品前のエントランスでの一枚。

お母さまが息子さんへ選んでくださいました。ありがとうございました!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。