ソファ

京都 家具屋 karimoku new standardのキャストールソファのご紹介です

近ころ、お問い合わせいただく機会が増えた karimoku new standardの キャストールソファ

お店には、メーカーサイズ表記の2シーター(幅1805:内寸幅1340)を展示しています。このサイズで横にもなれます。

ちなみに、3シーターで幅2100:内寸幅1635です。座面クッションの数は同じで幅が違います(^^)

展示の生地は、カリモクさんの丈夫で風合いのある タープ生地(アクリル79/ウール21)横糸にささやかに光沢のある糸を使い、質感は少しハリのあるパリッとした少し硬めの生地です。

さて、

このソファ、日本の約平均 住宅寸法にあったサイズ感で作られていることと、少しの勾配がリラックス効果をもたらし、

座面高が370と少し低めなので小柄な方でも 踵が床につきます。

アーム部分の高さもちょうど良い高さ🌸

アームクッションはファスナーで本体に固定できます。ずれる心配はございません(^^)

クッションの構造はフェザーがメーンのため、湿気に弱いので水気にはご注意!

フェザーは内袋内で移動しますので、時々 軽くたたいて形を整えてください。

・・・と、言っても そんな直ぐに型崩れはしません(^^)

フェザーは呼吸しているといわれ、時々風通しをしてあげることでふっくらとした質感が蘇ります。

クッション中央にウレタンフォーム。このウレタンがあることで、フェザーの優しいタッチと、体をしっかりサポートする組み合わせの構造により、くつろぎ時間を作り出します(^^)

柔らかなウレタンクッションや、綿などは 潰れたらもう戻らないので、フェザーの この復元力は 長期に渡ってお使いいただくには好ポイントかと思います。

そして、すべてカバーリングなので、クリーニングにも出しやすいです ☆彡

そして、ビスで引っ張り固定している個所はきちんと木栓で塞ぎ、丁寧にふさぐ事で 美観をそこないません。

カリモクさんは自社の高度な安全基準を設けておられるので、耐久性はご安心ください。

例えば、

60キロの(体重に見立てた)錘(おもり)を 6万回落とす。

錘(おもり)をのせたまま、ソファ本体ごと 6万回 落とす。

座面中央、上から100キロの加圧で、1センチ以上のたわみがないか確認する。

これらは、がたつきや軋みがないか確認といったわけです。さすが大手!

ちなみに前からの足の高さは15㎝。ルンバは大丈夫です。

傾斜したデザインのため、後ろはルンバは出れませんが、高性能お掃除ロボットなので、クルっと回転して出てくれますね(*^^*)

そして、後ろ姿や横からの姿は他に類をみません。

これも北欧のデザイナーのなせる感覚。垢ぬけていますね🌸

そして、複数のパーツから積み立てられたフレームは、精度が高く、背面からも価値ある 工芸品的な意匠をインテリアに提供してくれます🌸

カバーの替え購入もできます(*^^*)座面、背、アーム、それぞれ1個からでも可能です。価格はパーツによって大きさがちがいますので、1つあたり約13,000~17,000円ほどです。

 

張地の生地も、NYの老舗テキスタイルメーカー マハラム社(1902年創業)の生地や、デンマークのクヴァドラ社(1968年創業)の美しいカラーリングでインテリアの良いアクセントになる生地もサンプルご用意しています。

生地のハイスペックさはお店でご案内します(*^^*)

良い生地をつかうほど、耐久性や、抗菌性、耐光性、防汚面でも優れていますし、なんといっても 洗練されて家具がグレードアップします。

値打ちございますよ🌸

展示サイズ

2シーター ・・・大人2人がゆっくり座れるサイズ。幅1800に対しての座面の広さを確保しています。

W1805 / D880 / H750 / SH370      (内寸幅1340)

タープ生地  ¥256,000+tax

生地自体が 品質UPし、グレードアップする分と、生地を多く使っていますので、この価格差はでますが、

これら品質と この生地の分量で この価格は他にはないかと思います。ニュースタンダードの開発部門の頭脳明晰の方が とても自信をもって 仰っておられるのも納得しました。

マハラム生地  ¥327,000+tax

クヴァドラ生地  ¥388,000 or ¥462,000+tax

※受注生産品のため、約45日~60日弱(大型連休やお盆などのシーズンにより前後します)

横にはしる 無垢材のフレームは珍しくセンスがいいです(*^v^*)

関連記事一覧