スタッフの日記

無垢の木の接合のひとつフィンガージョイント

IMG_3109-2.jpg

これは木と木を接合する一つの方法でフィンガージョイントといいます。

実際はボンドを使いますが、使わないでもはめるとがっしりします。

面と面の接合はこれが一番強いと思っていましたが、面と面の曲線面では

ダメとシープチェアを作っておられる北海道の工房のインテリアナスさんが

言っておられました。

やっぱり、適材適所でそれにあった工法が必要なんだと感心させられました。

関連記事一覧