Staff Blogスタッフブログ

書棚・本箱

神戸市へ弊社オリジナル杉のスライド書棚を納品しました

神戸市へ弊社オリジナル杉のスライド書棚3重タイプを納品しました。

 

M様、スライド本箱にご興味をお持ちで、当社にカタログ請求ご依頼を頂戴してました。

すると、カタログがお宅に到着するまでに、当時お住まいの明石市から遠路遥々ご来店くださったのでした。

 

何かのついでにお越しいただけたのかと、お聞きしましたら、『本箱を見る為だけ』とのお答え。

それほど当店の本箱が、M様お持ちの本を、使いやすく、上手に収納出来るか見極めたい!という熱い思いと受け取りました。

 

 


 

当店は、既製品のスライド書棚と、オリジナルのHIROTUGUスライド書棚を、展開しています。

ご注文いただきましたのは、オリジナルHIROTUGUスライド書棚、杉の3重タイプです。

 

お手持ちの書籍の種類が、文庫本~図鑑まで多様でサイズが様々。

今後も本が増えるので収納力は多めにしたい、可能であれば2壁面に本箱を配置したい。とのご要望がございました。

 

設置スペースに対して、本の分量もお聞きしながらプランのお打合せを進めていきますと

ボックスのレイアウト次第で3重スライドにすれば一壁面だけのスライド本箱でも、余裕のある十分な収納量を確保できるという事が分かりました!

M様は、壁2面を本箱にしないと収納しきれないと思っておられたので、驚きとお喜びのご様子でした。

 

 


 

当社のオリジナルHIROTUGUスライド書棚の収納量の多さには、ご購入いただいた皆様からお喜びの声を頂戴しております。

その理由は・・・自由度の高い棚板の高さ調整が可能だからです。

 


 

今回のプランは

一番後ろ、本箱の背中側にA3固定ボックスとB6固定ボックスを配置しています。

✿A3には図鑑の類を収納

✿B6には文庫本や新書を収納

 

 


 

最前列には、A5可動ボックスを3箱

前から2列目には、A5可動ボックスを2箱配置しています。

✿A5には単行本を収納

※左端の箱はA3固定ボックスです。

スライド本棚全体は前後3重ですが、左端のみA3の奥行が広く前後2重の仕上がりです。

 


 

前列A5可動ボックス、真ん中の列A5可動ボックス、後ろの列B6固定ボックスです。

 

 


 

今回、本箱を設置される場所に、コンセントが有りました。

コンセントの出幅の厚み、普段は気にならないのに家具等を壁に沿わせて置こうとした場合は、とっても気になりませんか。

そこは、オーダーの本箱です。欠きこみを施し、本箱本体は壁に沿わせて設置しました。

これは、お打合せの段階から準備していたので出来る加工です(*^^*)

※ご注意※ 本箱の構造上加工出来ない場合もございますので、設置当日に承ることは出来かねます。

 

 

 


 

 

こちらのスライド書棚は、普段、京都ショールームでしか、実物をご覧いただく事が出来ませんが

東京ショールームで、毎月1回 金・土・日曜日にご覧いただくことが出来ます。

 

今月は5/20からの3日間

・5月20日(金)10時~午後18時
・5月21日(土)10時~午後18時
・5月22日(日)13時~午後17時

※ご希望の日などがございましたら、たすかーたそるて 家具のヤマカワ Tel075-231-7868 まで、ご連絡ください。

 


 

お知らせを挟んでしまいました^^;

M様、ご注文くださり有り難うございました。

 

 

go to top