Staff Blogスタッフブログ

ソファ

富田林市へ宮崎椅子製作所さんのペーパーナイフソファ1人掛けをお届けいたしました

 

宮崎椅子製作所さんのペーパーナイフソファ1人掛けを富田林市へお届けでございました。

 

御来店いただいたのは2021年の8月末。

お住まいから足をのばせる距離で、改めてペーパーナイフソファを取り扱っているお店をお探しだったとの事。

検索から弊社がヒット。

HPをのぞいてくださり我々の拙い写真で恐縮しきりですが、

“kvadratの生地で実際 納品している店”との情報をもとに、気分転換も含め京都までお越しくださいました🌞

 

家具のご案内をしておりますと、やや専門的な事にもぴったりの会話が戻ってきたりと、

“あら!なんてお話が早い!”と、思い「お客様、、、お好きですね…✨」とお伝えしますと、

「えぇ、、なんか好きでね」とふわっと明るいオーラを放たれ、

お連れ様もにっこりと、

ここから木材の事、革の事など色々とこちらが勉強になったりと あっとゆう間のお時間でした。

 

2時間近くになり「実は大阪の取り扱い店で、以前から座っていて、何となく未だ購入に至らなくて」と、

ペーパーナイフソファの掛け心地や、デザイン的な面、その他諸々、

やっぱりいいよなぁ。と、思っておられ、

クヴァドラの生地もじっくりと見てみたかったそうです(*^^*)

 

想われて、迎えてもらう運びとなった、この度のペーパーナイフソファ。

 

お選びになられました樹種はナラ材。

革はL-5ランクの “SO-PU20836”  made in Denmark の手に吸い付くような手触りのレザーです。

(天然皮革・タンニン鞣し・アリニン仕上げ)

 

 

L-5ランクのレザーは黒の1色のみです。

 


 

肉眼でみると、黒ですがこう何と申しますか、透明度のあるような奥行きまで感じます。

デンマークの革職人さんが時間をかけて工程をこなし、出来上がるタンニン鞣し/アリニン仕上げの革は、

空間を上質な雰囲気にしてくれます。

 


 

よく聞く、“タンニンなめし”は、

「植物性タンニンを革に染み込ませ繊維の詰まった丈夫な革にするなめし方」です。

 


 

“アリニン仕上げ”は、

塗装で膜は作らない革です。経年変化を通して変化を楽しめる革です。

色移りや色褪せに注意が必要ですが、

お手入れをしてお客様のオンリーワンを楽しめる方へはおススメの革です(^^)

 


 

L-5をお選びになられた理由として、

堪能できる革である。とゆう事と、

持ってて幸せな気持ちになるものである。と、値打ちを深く感じてくださいました。

 

 

その相棒となるフレーム樹種は「ナラ材」で、

ナラ材はホワイトオークやレッドオークと違い木目が細かく詰まりがあります。

 

どの木がいい。ダメ。ではなくて、

今回お選びになられたナラも、お客様の心根にぴったりこられたとゆう事でございます。

 

どの家具もモノもお客様の大切にしたいもので成り立ち、

それぞれの物が大切にされてキラキラしていて、そこへ一員となったペーパーナイフソファ。

 

 

いただいたお写真を開いたときに、本当にそう思いました。

ありがとうございました!

 

 

go to top