Staff Blogスタッフブログ

チェスト・シェルフ・サイドボード

宇治市へbaseSさまの サイドボードをお届けしました

こちらの御宅には、2回に渡りご納品させていただきました。

1回目から約2か月半後に再びお伺いした時に、目にしたブラックチェリーのサイドボード

既に、色が変わり始めていました。

濃くなり始めているのがお分かりいただけますでしょうか。

 

 

 

真ん中にある4杯の引き出しの木目が、初めはハッキリと見えていて、日が経ちブラックチェリーが濃くなってくると

木目の印象が優しく見えます。

これからも、もっと深みの増した飴色に変わってくるでしょう。

 

 


 

こちらのサイドボードが完成するまでのいきさつは、忘れることが出来ない話です。

K様、ご来店いただいて展示しているbaseSさんのサイドボードを見るないなや、いいなーと仰っていただきました。

だが、しかしbaseSさんは、このところ、このサイドボードをお作りになるのを拒んでらっしゃるところがあり・・・

以前に、制作をお願いしてみた時も、手間がかかるし、出来上がるまでにどれくらい時間が掛かるか分からないから、

受けることは出来ない。

と言われてしまう。。。。。そのやり取り繰り返すこと何度となく。

 

今回、お願いしてもダメかもしれないとK様に正直に話してみますと

そんな拘りを持った方が作られる家具なら、尚更欲しいし、作ってもらったら一生大事にする。

急がないし、出来上がり時期は、baseSさんにお任せするので是非製作して欲しい!と仰ってくださいました。

家具の作り手のことを、このように思ってくださる若いご夫妻にわたくし感激いたしました。

 

baseSさんには、始めやっぱり断られました。

でも、簡単に引き下がることは出来ません。

K様ご夫妻のお気持ちを必死にお伝えしたろころ「そこまで言ってもらうんなら、頑張らんといかんな」と、受けていただけました!

やったー!の瞬間です。

 

 


 

 

そして出来上がったのが、こちらのサイドボードです。

ブラックチェリー 幅1350

 

 

 

 

 

 

K様 ありがとうございました!!

 

go to top