Staff Blogスタッフブログ

書棚・本箱

スライド書棚の扉がはずれて(壊れて)しまった場合

 

先代の時から丸伸さんのBookman長野家具工業のwellreadを取り扱ってきましたが、書院にもあるように扉付きスライド書棚があります。

 

書棚の本体とこの扉を止めているのは鋳物の丁番で購入してから10年以上たっているものはほぼ割れたりして、

壊れています。その蝶番がこれです。

 

写真のものもところどころ錆のようなものがついていますがこれが割れて扉がはずれているケースが多いです。

これを直すには金具を用意して私が出張するとかなりの費用になってしまいます。

まずは アングル蝶番でネットで検索してください。
手持ちの壊れたアングル蝶番にサイズが書かれています。この場合20-15です。

 

 

ネットを見るといろいろなサイズがあります。

16-20とか20-20とかサイズを合わせて購入。

ドライバーもホームセンターに行って+のドライバーの先が細い奴2番とかを購入してください。

 

一人で扉を付け替えるのは厳しいですが二人で作業してください。金具を付け替えるだけでほぼ治ります。

物にもよりますが丁番は一つの扉に三か所ぐらいついています。

壊れているものから外してください。

 

床からと扉の下までの高さに何か挟めるもの(本を重ねるとか)があった方が作業が楽です。

われわれ家具業者や職人が動くと思っておられる以上に手間賃がかかりますので、是非TRYしてみてください。

 

go to top