チェア

京都  宮崎椅子製作所さんの張地。フィンランド製のウッドノート張りについて。

今日は小泉誠氏デザインのR+Rスツールの紹介です。

R0015232.JPG

この椅子に張られているウッドノーツとは。

以下、引用します。

「テキスタイルデザイナーのリトゥヤ・プオティラは、紙ひもの自然な美しさからインスピレーションを得て、WOODNOTESカーペットコレクションをデザインしました。すべてのWOODNOTES商品の材料は、糸紡ぎで作った紙ひもが利用されています。このマテリアルは、WOODNOTESで12年以上研究して作られています。紙ひもは自然のマテリアルです。その紙ひもは、エコロジーを大切にして、自然に育てられている木を材料にして作られています。紙ひもの強さの秘密は木の繊維にあります。木の繊維がきめ細かいため、ほこりや汚れがつきにくくなっています。このため、埃阿アレルギーを盛って得いる方にも利用されやすくなっています。WOODNOTESの紙ひもは、使用しなくなった時に集めて燃やすことができます。そのエネルギーを利用することもできます。商品はバイオロジスティックに、燃やしても繊維は二酸化炭素と灰になり、土に返すことができます。白い紙にはクローリガスが利用れておりません。また、ひもを染めるときにもメタルなど使用していません。

すべての商品はフィンランドで作られています。」

長文でした。最後に、最高級の素材選択の為、アレルギー性無害です。
アレルギー体質のご家庭にも安心してお使いいただけます。

ご拝読ありがとうございました。

R0015233.JPG

関連記事一覧