スタッフの日記

現品家具を納品前にメンテナンスしました。

展示現品の家具はどうしても傷がついてしまいます。

 

足が当たってしまったり、子供さんが少し暴れたり、暴れた子供さんは厳重に注意させて頂いていますが

 

それでも傷がいきます。

 

展示現品は物によっては安くするのですが・・・それでも傷を治したりメンテナンスします。

 

私がお店を手伝い始めた14年前ぐらいに

 

職人さんのダイニングセットを売り、納品後お客さまから怒りの電話を頂きました。

 

この家具は傷だらけなので入りません。返します。

 

新しく作ってももういりません。と。

 

その時はこちらも納めてみたら部屋に対してテーブルが大きすぎ文句をいって

 

返品させているのだと思いました。

 

あれから、色々な人と出会い、お付き合いする事で、あれはこちら側が悪かった事に気づかされました。

 

現品を買われて少しお値引きしたからといいって傷のまま納めていいわけがありません。

 

なおらない傷もありますがメンテナンスをして納品しないといけません。

 

あれはあれでいい勉強をさせて頂きました。

 

かといって展示をしています家具は展示品でなく商品です。

 

職人が魂を込めて作った家具です。

 

家具が傷がつくような事があると注意もさせて頂きますがよろしくお願い致します。

 

 

 

 

関連記事一覧