スタッフの日記

キャスター付きチェアについて。

 

以前スタッフが売ったキャスター椅子が調子が悪いということで見に行ってきました。『おそらくキャスターを交換しないと』ということでした。基本的に木製家具は脚に金具(キャスターがついてるとか天板が開いたり閉じたりするとか椅子が回転するとか

といったものはいずれ不具合が出てきます。脚のレッグジョイントもそうです。今回は見に行くと椅子のメス部分のオニ眼からキャスターが緩んでるだけでした。閉めると直りました。これがもう少し遅く不備を感じながら使うとオニ眼を交換することになっていました。そうなると工賃+送料で約2万から3万はかかってしまうことになります。出来るだけ金具を使っていないものを購入するのは大切ですが、不具合が起きた場合の早い目の対処も必要です。

関連記事一覧