書棚・本箱

京都 家具屋 神奈川県へ杉無垢材 スライド書棚を納品しました

先日、神奈川県へ納品いたしました。

先々月にの在住日にお電話くださいましたお客様、当日 国立市の展示場所へお越しくださいました。

下の写真は、その展示している場所です(^^)毎月第3週の 金・土・日に東京へ行っています。

話は戻りまして、現場確認は必ずさせていただいています。

お邪魔しました時、設置したい場所をお伺いするのですが、現場は左側の壁に梁があり、その梁をよけて固定のA3サイズの本箱を。

このA3サイズとゆうのは、収納したい本が「絵本がメーン」と、ゆう事もあり大型の美術本やアルバムも収納できる奥行のサイズをご提案。

その隣には「コミック」を収納メーンのサイズを2重で設置です。

後ろはA6の文庫サイズを。可動する前はA5サイズを。この組み合わせなら一般的なコミック本も様々な種類を収納できる上に、コミック本以外のハードカバーの本や新書サイズ本までも広くカバーできます。

さて、梁下の絵本メーンの本箱の上の隙間には綺麗に隙間を埋めました(^^)

梁があると、となりの書棚とのジョイントが難しいのですが、ここも綺麗に納める事が出来て安心しました。

現場は近くに駐車できるスペースがなかったので、近くのコインパーキングに入れて注意を払って杉無垢材を運び現場で組み立て設置です。

もちろん耐震の壁固定も行いました(^^)

 

杉無垢材のスライド書棚は組み上がるとお客様はとても喜んで下さいます。

背表紙が隙間なく綺麗に収納されると圧迫感どころか、感動すら覚えます。

大きなスライド書棚はパーツの耐久性もしっかり加味しないといけません。総重量が何百キロかになる収納家具です。

長年の実績は安心に繋がっています。お気軽にお問合せください。(^^)

関連記事一覧