Staff Blogスタッフブログ

京都 家具屋 下京区へ木馬舎(こまや)さんのキャップチェアを納品しました

総無垢材の椅子。飛騨高山の椅子。曲木の椅子。

木馬舎(こまや)さんの キャップチェア はナラ材の椅子です。

以前に弊社にて オーダーのダイニングテーブルをお造りくださったお客様。

この度、お引越しにあたり ご購入くださいました。

キャップチェアは ウィンザーチェアのルーツをベースに ベーシックな意匠です。

座った時の、背中のフィット感は優しく、骨盤の上から身体の中心をしっかり支えます。

素敵な写真を送ってくださり 本当に嬉しかったです🌸

ご夫婦で別々にご来店だったのですが、ご夫婦の答え合わせに意見が一致したのがこのキャップチェア。

奥様びっくりされたそうで、とても楽しそうにお話を聞かせてくださいました。

せっかくなので 以前つくってくださった テーブルのメンテナンスを承りまして、

椅子と 一緒にお届けにあがったのですが、ご新居の 搬入の間口がとても狭く、(こういったことは滅多にないのですが)テーブルがどうしてもこうしても入らなく、椅子だけお届け完了して テーブルは持ち帰り、細工することに(^^;)

お客様よりいただいた写真と一緒に届いたメッセージには、

「今日はドアの付け替えに立ち合ってます (右開きから左開きへ)。こちらも丁寧に調整してくださり、有難い限りです。待っている間、主人とこの椅子に座っているのですが、おかげさまで、ソファー並にくつろげております。届けていただいた時の写真、送りますね。」

最高に嬉しいですね。。。(;;)🌸

 

今回ご納品しました 椅子をはじめ、弊社取り扱い家具に携わる どこの会社様も 中で働く職人さんの仕事は高度な技術を有しておられます。

日本の家具を支える力は、職人さんあり、デザイナーあり、それを企画する会社の方々、そして我々であり、志しの向かう方向性が一緒の会社様とはこれからも一緒に この日本の家具を衰退させないで頑張っていきたいと思います🌸

すごく値打ちがあるんですよ。日本人の丁寧さは。そして愚直さは。それが反映された家具は。

そんな風に造られた家具は、時間とともに いい顔になります。

国産の、受注生産品の家具は 価格を守っていかなかればなりません。

弊社、お取引のあるメーカーさんの家具は価格に見合った仕事と、ディティールの端々、纏う空気感、家具の持つ雰囲気があると思います。

ありがとうございました!

 

 

 

go to top