オーダー家具

京都 家具屋 下京区へオーダー家具 お裁縫wagonを納品しました

お問い合わせフォームより

「オーダー家具はどのように進めていくか教えてください。カウンター下ワゴンを造りたいと思っています」

と、ご連絡をいただきました(^^)

最初のお問い合わせから、その後お電話にて ご挨拶もかねて お客様のご入用寸法と仕様をお伺いし、木の種類をお話後、「実は、このコロナ禍で設置したい家の場所へ採寸に行けてない」の旨を聞き、その場所は山口県との事、それが今年の4月上下旬でした。

一旦、色々な仕様で お見積りを3度ほど。少し間があき、

7月を迎える前に再度ご連絡を頂戴しました🌸

「色々考えたのですが、全く仕様が変わって申し訳ないのですが、

趣味で長年やっているお裁縫で使うものを全てまとめた ワゴンにしようかと思い出しました」と、ゆう事で、

50㎝の定規が入り、よくお使いになられるアイロンを2台。その他、色々打ち合わせをして、

どこに 何を置く等 ミシンや アイロンの寸法をいただき、このイメージにて着地!

先に完成品のお写真です(*^^*)

絵をのけて。

なぜ、椅子が置いてあるのかと申しますと ↓ このイメージです(^^)☆彡

横に座って作業をする高さと 引き出しの位置も丁度です。

そして 脚にコロを付けて、裏板は化粧仕上げにして 間仕切り にも使える様にしました(*^^*)

はい!とても綺麗に化粧仕上げ!樹種はブラックチェリー材です。

チェリーは飴色になると 優しい雰囲気になって これがお裁縫ワゴンになると 雰囲気がたって素敵だと思います🌸

さて、各パーツを。

引き出し2杯の前板は全て無垢材です。本体は突板です。木口には2ミリの無垢材をまわしていますので 角から捲りあがりませんよ(*^^*)

中材の桐には蟻で組まれています。

上は摺り込み引き出し🌸 底には 木釘を。

そして2段目は、底付けでドイツのヘティヒ社のレールを。

横から見た時に、レールが見えてないのって、気にしなければなんてこと無いのですが、やっぱり見えてないと高級感がありませんか?・・・わたしだけかな・・(^^)?

うんうん、綺麗です🌸

そして、天板の立ち上がりには 無垢材を。これで上のモノも落ちないし、ここを手掛けにして移動できます🌸

**************************

山川がご納品にうかがいますと、たまたまお客様はお電話中で設置後もお話が出来ずでしたが、後日写真を送ってくださいました!🌸🌸🌸(*;;*)嬉しいです🌸

どんどん 色が変わって、たくさんお客様の御宅で活躍してくれる事を祈りつつ・・☆彡(^v^)

ありがとうございました!

関連記事一覧