Staff Blogスタッフブログ

京都 家具屋 大津市へ オーダーのφ1200の円形 Dining tableを納品しました

実は、こちらの御宅。

いつも完成見学会で家具の展示等ご依頼くださっています スタジオリンクスさん 代表の方の御宅です。

ご自宅を「モデルハウス兼ご自宅」で見学可能ですよ(*^^*)

伝統工法でつくる360°杉の家 板倉House

「 家 に帰りたくなる 家 」をご提案なさっておられます。

ちなみに「板倉House」とは、👀

**************

日本に伝わる伝統構法のひとつで、空調設備がなかった時代、それぞれの季節を快適に暮らすために編み出された木造建築の構法です。

国産の無垢材を使用されており、ココロ落ち着く芳醇な木の香り、さらりとした肌触りが、人体に良い影響をもたらします。

断熱性に優れた無垢材の木造建築では、一年を通して健やかな空気環境が維持されます。

板倉の家は、「住む人にとって本当に良い家はなにか」を考えた時、ぜひおすすめしたい構法のひとつです。

****************************

お届けは夕方でした(^^)樹種はナラ材。

天板は北海道でつくり、厚みは38T。

テーブルの脚は 弊社オリジナルのshaker脚です。   脚、しっかり造ってます。

丈夫な構造です☆彡

ちなみに、以前同じ造りで納品したこちらのテーブルも、木の種類は違いますが

同じく 天板は北海道で 厚みも同じ、脚も同じです(*^^*)かっこいいでしょ。

**************************

天板にちょっと寄ってみます。👀

生地にもクオリティがあったりするように、木にも部材のクオリティがあります。

こちらの天板は北海道の 北匠工房さんにオーダーで造ってもらっています。

北匠工房さんといえば、弊社では長く取り扱っているチェスト「チュラン」のメーカーさんです。

目の詰まりの密度や、油分などいい等級の木をお使いなのでとても シンプルなほど、部材の良し悪しでその価値は雰囲気として出ます。やっぱり値打ちがあります。

分かりやすく申しますと、「ええ家具そうやな」って、質の良いモノは なんだか思ってしまうのです(*^^*)

家具に限らず、お洋服でも なんでも そんな経験ございませんか。そんな感覚です🌸

*******************

そして、こちら左側に映っている椅子は 九州はHIRASHIMAさんのアジレです。

背がスポークのモノは お客様の 椅子です(^^)かわいい。

 

お店には 黒塗装のアジレchair を展示しています🌸 お店に出ていなかったら申しつけください!直ぐにお出しいたします!

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

go to top