Staff Blogスタッフブログ

続・明石市へ宮崎椅子製作所さんのPePeチェアと広松木工さんのFREXスチールレッグテーブルを納品しました

 

バタバタと、少し時間があきました(;^_^A

 

それでは早速ではございますが!

先日に続き、ダイニングスペースのご納品でございます(^v^)🌸

 

 

ダイニングテーブルは、

細い脚と厚みのある天板のバランスが技ありな広松木工さんのFREXスチールレッグDining tableで同じシリーズのFREXスチールレッグベンチをコーディネートにお選びくださいました(*^^*)

 

 

テーブルもベンチも横幅は6サイズから選べます🌸

ご納品しましたテーブルサイズは 幅1540でベンチも同じ横幅の1540です。

そして樹種は32㎜厚のオーク材 / オイル仕上げでございます☆彡

 

 

ちょっと天板によってみます 📷👀

32㎜厚の天板は、薄くなく、厚くない重量感。

広松社長さんがこだわる「最後は人の手で」の時間をさくことで、綺麗に整えられた天板の佇まいに温かみを感じます。

 

 

 

 

エネルギッシュな節も、人の手で整頓されたものはあたたかいムードを不思議ともっているものです🌸

 


 

 

お選びになられた椅子は宮崎椅子製作所さんの PePe sideチェアの背張り仕様。

 

 

 

樹種はケヤキ オイル仕上げ。

張地は標準生地の中から、デンマークはクヴァドラ社の“ハリンダル65”より376番色のこげ茶です✨

 

 

 

 

中々色を出すのが難しいので、もう少し載せます☆彡(≧∇≦)

 

 

 

豊かな自然光のもと、肉眼でみるお客様が選ばれた生地と無垢材が本当にステキでした  ヾ(*´∀`*)ノ🌸

 

 

 

 

 


 

 

そして、椅子は椅子で木の種類を統一してあげると、

テーブルと違う木の種類のコーディネートもステキに納まります☆彡

 

 

 


 

1968年デンマークで設立されたクヴァドラ社は、

世界的にも人気なスカンジナビアのデザインの伝統に深くてしっかりしたスタイルの結びつきがあります。

 

「Hallingdal 65」(ハリンダル65)のデザインはデンマーク人デザイナー「ナナ・ディッツェル」さんで、検索すると、もしかしたら見たことのある家具がヒットするかと思います🌸💻

 

さて、話はもどり、

この生地の織りなす世界観は温かく、且つ、丈夫で発色も良く、質感の良さがあり、毛玉が出来にくいように工夫された生地なのです。

 

ちなみに生地の堅牢度も高水準で色の変色や抜けに強いのも嬉しい生地です(*^^*)

 

 

 

 

新生活をはじめられる少し前にご納品でございました🌸

お家の広さに対して適正な家具の大きさを取り入れることで、

人の動きを妨げず、

見た目にのびやかなで、気持ちの良いバランスができます(*^^*)

 


 

毎日キラキラと輝いてみえて元気をくれるモノを「自分たちが選んだ」って楽しみは、

きっと呼び合うように幸運を連れてきてくれそうです(*^^*)

 

 

 

 

ありがとうございました!

 

go to top