Staff Blogスタッフブログ

宮崎椅子製作所さんの「Cチェア」到着しました

 

無事、届きました!

本日より展示スタートの宮崎椅子製作所さんの「Cチェア」

小泉誠さんのデザインです(^^)

 

お!!

こりゃこりゃーー👀!!

 

座りやすいです!  ✨°˖☆◝(^▿^)◜☆˖°✨

 

 

さて

👀

開発にあたって、デザイナーの小泉誠が仰っておられる概要です。

 


 

 

薄板の構造体に、身体に寄添う「C型」の背当てを付けたシンプルな椅子です。

 

材料の薄さが活きた、軽量で軽快な椅子が完成しました。

畳ずりは椅子の出し入れがスムーズに行えて、床にもやさしい作りです。

使用する材料の厚みを1インチに統一することで現場での生産コストの軽減にも繋がりました。

 

(小泉誠)

 


 

 

ブナ材でAランクの張地で、税別¥40,400- よりおつくりがございます🌸

「軽量」「軽快」と言葉をなぞると、

細いし つくりはどうなんかなぁ~~と、思われるかもしれませんが、そこは「椅子屋」です💪

 

 

 

物のつくりがかたくて丈夫、頑丈に仕上げておられます(^v^)

 

 

 

 

2018年の11月中旬のIFFTでお披露目のときには、すでに一般的な強度試験は合格されておられました。

 

が、

さらにブラッシュアップ!

 

より幅広い用途に対応するべく、約2ヶ月弱でさらに厳しい試験に挑んでおりました。

結果は無事に合格。・・・そんなストーリーのある、強いつくりの椅子なのです(*^v^*)

 

せっかくなので 小泉誠さんのKUKUチェアと並べてみたり 📷♪

 

 

 

 


 

 

お店の Cチェア は 背無垢の方を展示しています。

ブナ × Hallingdal65の 457番 イエローです🌸

 

ほくッとしたブナ材にクヴァドラの黄色い座面が 可愛いですね~~~ (*´▽`*)

 

 

 


 

 

そして、笠木に革を張った「背張り」も対応しています。

 

これは生地を張るうえの構造的な点から、背革張りのみの対応でございます。

レザー張り、カッコいいですよぉ~~~

下の写真は宮崎椅子製作所のオフィシャルHPより👍✨

 

 

 

こちらは ブナ材フレームに L-2ランクのレザーかな?

木の種類と革のランクによって価格は変わります(^^)

 

 

ナンバリングは木製のプレート。

フレームの無垢材と一緒に経年変化楽しめます。

 

 

 

 


 

 

では掛け心地です。

スタッフ身長157㎝ 🌸👀

 

椅子の床~座面までのSH(シートハイ)座面高はSH415。

 

奥まで腰を深く掛けたとき、 小柄な方でも、大柄な方でもしっかり床に踵がついて掛けやすい座面高です(^^)

 

 


 

 

そして 自然に肩を降ろしたときのアームの位置は、自然に腕に添うような高さ。

 

 

背の笠木部分も、あたりが見た目以上に優しいフィット感でバランスのよい位置なのですが、これが座った時の支えを感じながら、強度の高い構造をしています👀

 

 

 

 

脚部と笠木の重なったパーツも自然に溶け込むようで、ふと目に留まる存在感。

そしてエッジ部分がさらりと整えられ 柔らかな印象も備えていますね 🌸

 

 

 

着座の使用感もよく、是非店頭でお試しください   °˖☆◝(^▿^)◜☆˖°

 

お待ちしております。

 

 

go to top