Staff Blogスタッフブログ

上京区へフルオーダーのボトルラックを納品しました

 

少し前に奥様の書斎に広松木工さんの AMICOブックシェルフ をご納品しましたお客様より、

引き続き 収納に関する造作家具のご相談を賜りました(^^)

 

御来店はご夫婦でお越しくださり、

共通の嗜好品のお酒がいつも箱に入ったままで「お酒の置き場所」をつくれないか?と、

お部屋を見渡しておられたところ、

台所とLDKの壁の開口部分、下枠までの高さで棚を作れるんじゃないか・・・と閃かれ✨

 


 

下地もあり配管も問題なかったので、各種酒瓶の直径と高さををいくつか出して確認。

・ボルドーの瓶

・ブルゴーニュの瓶

・太めのブルゴーニュの瓶

・四合瓶

・シャンパーニュやスパークリング

・アルザス系

これら平均的なサイズはあっても有効寸法が決まった中でどれだけ取れるかがカギでした(*^^*)

 


 

裏板はつけず、

落下防止のための真鍮パイプでこぼれ止めを。

 

 

本体は開口枠に寄せてウォールナットに。

ベースは突板。正面の木口は全て無垢材をまわし、数ミリの枠をよけて天板の面を合わせました。

すると約20㎝のカウンターが新しく登場。

 

キッチンの枠の奥行きが10㎝くらいあるので合計30㎝のカウンターですね(*^^*)♪

「広くなった~~♪」「これでコーヒーメーカー置ける~~!」と、

直ぐに手元にあったものを置いてみられたりと奥様大喜びくださいました (≧∇≦)🌸

 

 


 

 

こちらの造作家具は広島県府中市の松井木工さんへ1本造りのオーダーでお願いしました(^^)/🌳

 

天板の角の無垢は今回厚めにまわしてもらってます🌸

突板から無垢の繋がりも仕事が綺麗です。

 

 

壁固定なので、家具本体の一番上と下には固定用の垂れや立ち上がりを設けています(^^)

 


 

では設置。

下地を確認👀

 

 

 

測って、見当の印をつけ、壁に固定。

 

 


 

設置後、ご主人様が我々のために早速 酒瓶を収納してくださいました。

嬉しい!!(*;v;*)

 

 

 

キッチン壁の前にはダイニングのベンチがあり、

今回のラックは奥行き20㎝でしたので

生活動線も不便に感じることのないように確保出来ています(^^)

 

 

 

 

あ!写真撮り忘れてますが、もちろん巾木は避けて製作しています(^^)

 


 

 

 

そして、最後の写真は、また別件で伺ったときのもので、

酒瓶も沢山入り、活躍している棚をみて嬉しくなりました🌸(*^^*)

 

 

本当に収納って大切・・・・しみじみ✨🍷(*´▽`*)

 

 

ありがとうございました!

go to top