テーブル

京都 ウレタン塗装はこんな感じになってしまいます。

家具の塗装には主に「ウレタン」か「オイル」が多くつかわれます。

 

もちろん「ソープ仕上げ」や「漆」なんかもあるが大きく分けて2種類。

オイルもデメリットはありますが、ウレタンの着色は長く使うとこんな感じに劣化します。

(写真は御在所インターで使われているテーブル)

 

IMG_0745.JPG

 

こうなると一度持って帰り、塗装をし直す事に。お客様への費用は持ち帰り配達の費用も全てがかかります。ウレタンも劣化までに10年かかるかかからないか。その間に色んな手間はかかりませんが、その後が大変です。

ご自宅のダイニングテーブルには「オイル塗装が一番」と、インターで休憩中しみじみ思いました。

持ち帰り、ウレタン剥がして、再度吹きかけて、出来上がり配達。全て、費用がかかります。大きいサイズなら尚の事。お見積りで目をむく事態になります。びっくりしますよ。

 

 

 

関連記事一覧