チェア

京都 宮崎椅子製作所さんのぺぺチェア納品しました

宮崎椅子さんのぺぺチェア。この度ご注文いただいたお客様は、6月にスタジオリンクスさんの完成見学会を見にこられたお客様。実はスタジオリンクさんが初めて手掛けた御宅との事。控えめに言っても素晴らしかった。。。憧れる空間までになっておられるのはスタジオリンクスさんのデザインもあります。が、お客様の「人」、人となり。だと思いました。お邪魔しまして空間に入りますと、時間と共に内側から気持ちがムクムク膨れあがり、憧れとは、この気持ちを指すのかと心底思いました。

ほんとはもっと空間を撮りたかったのですが、

いきなりパシャパシャ撮るのは憚られて、ここはちょっとグッとこらえて、、、(^v^)

スタジオリンクスさんのHPに掲載されてますので是非!

今回はフレームは無垢材 ウォールナット。張地はオイルレザー。今回は背張りです。このオイルレザーは顔料ではなく、染料です。革らしい手入れを必要としますが、手入れさえしていただいたら劣化してひび割れる事はありません。

オイルレザーは、肌触りが良いです。革の風合いが自然のまま残り、透明感のある仕上がり。革の育ちを楽しんでいただけます。

  • 革本来のキズがそのままある
  • 使い込んで風合いが変化する。
  • 色がまだらになる
  • 吸湿性がある
  • 色あせる
  • 色が服に移る場合がある(湿気や強く圧力のかかる場合)

 

でもこの味が出ます。(↑KW-36)

今回の「KW36」のレザーは経年変化が出るまで新品とこの温度差がありますが、

 

 

 

 

 

触れる所と触れない所があっても最終的にはこうした色に着地してくれます(^^)ブビンガの一枚板にこれまた負けてないとゆうか、馴染んで仲良く着地していますね。ほんと驚きます。張地は奥様がお選びになられました。センス。センスとゆう感性を育てるって、色々経験したり、カテゴリー問わず自発的にたくさんの色々を観たりしないと培われませんよね。

本当に色々感動して帰ってきました。ありがとうございました!

バーニーズのBちゃんもチャーミングでうきうきしました。

関連記事一覧