スタッフの日記

京都 広松木工さんのカタログを見ながら

こちらの座椅子は広松木工さんのコッタチェア。今現在の仕様です。

そして、↓が昔の仕様。背板のところにビスが見えたままでしょ。それがリニューアル。現在は美観もグッと良くなって進化しています。(^^)

その他には、お店にも展示しているANIMAのキャビネット。

こちらが現在↓

そして昔↓

何が変わったかと申しますと、一番下の抽斗2杯の前板の幅がやや高くなり、家具正面の顔のバランスに現在の仕様は面長感がなくなりとても良くなりました。同じ型ですが、昔は高さが171㎝。現在は172㎝です。僅かすぎて分かりにくいですが、家具の魅力って人のお顔と一緒。僅かなバランスなんですよね。

その他にも、色々とリニューアルされてどんどん良くなっていきます。お客様が気づかないところが多いですが、こうして日々努力なさってます。

最後に可愛い写真を。昔の宣材写真。シャーリーのチェスト&ドアより。

関連記事一覧