テーブル

京都 下京区へ広松木工さんの「FREX steel leg Dining Table」を納品しました

本日は午前中に広松木工さんの「FREX」(フレックス)スチール脚 DiningTable1400をご納品しました。

天板の厚みは接ぎテーブルの中ではやや厚めの32㎜厚。ここにセンスの良い細さのスチール脚。この脚に合わせるなら天板の厚さが分厚すぎても反対に野暮ったくなりそうですが、さすがのバランス感覚です(^^)

椅子はご家族の思い出の椅子だそうで、引き続き愛でて使いたいとの事。そういった背景を聞きまして、こちらのテーブルも長く使って下さるんだろうなと思える幸せを感じました。

ご家族のストーリーに手前どものご提案する家具がこうして納めた時の空気感は最高な気持ちになります。

裏には反り止めの鉄が入っています。脚の間は3段階の広さで調整可能です。

この程よい厚みで薄くない厚み、垢抜けています。

脚のスチールは「鉄」を主成分に、僅かな炭素を合成した合金のことです。耐食性(所謂、錆びなど)は鉄と変わりませんが、鉄よりも数段強度は高いです。

サイズは 幅1400,1540,1680,1820,1960,2100の6サイズです。奥行は1400~1820までがD840でH700。1960と2100はD900のおつくりになります!

樹種はオークとウォールナット(どちらもオイル仕上げ・天板無垢材)は同じ価格でチークも無垢材でご用意ございます。

チークの方が高くなります!

お店にはオークの幅1680で展示しています(^^)

ちなみに以前お使いのテーブルは自治体に出されると手前で承るより半額以下なので、捨て場までの数メートルの距離ですがお手伝いで運びました。

関連記事一覧