その他

京都 宮崎椅子製作所さんの商品にKvadrat(クヴァドラ)社 張地が追加されました

欧州はデンマークのテキスタイルメーカー Kvadrat(クヴァドラ)の生地を宮崎椅子さんの商品に張る事が出来る様になりました。生地はしぼって4種類。摩耗に強い生地や再利用されていないNew woolの生地を使った生地がメーン。所謂、刈ったばかりの再利用されていなく、紡ぐ前の新毛です。

まとめると、

New woolとは、ヒツジの新毛を使った純毛製品であること。 再生繊維には許されない。新毛99.7%以上が基準です。

テキスタイルの選び方には、空間の雰囲気の決め手にもなります。質感がリッチになると趣も出て素敵です。

ウールは、羊毛を用いた動物繊維です。冬のイメージが強いウールですが、季節問わず、通年活躍できる万能な繊維です。

・熱の伝導率が少なく、保温性に優れる。

・吸湿性、放湿性に優れる。(吸収した水分が蒸発する際に、気化熱を奪ってくれる。)

・吸湿性が高い分、帯電が少なく、静電気が起こりにくい。

・水弾きが良く、水溶性の汚れも弾く。=汚れにくい。

この度、生地は4つにしぼって入れています。

◆Divina Melange 3 ・・・New wool 100% 

性質が非常にフェルトに似た、なめらかで折り目に方向性の無い均一な表面が特徴。耐久テストのマーチンデールも45000回と公共施設でも通用して使える重使用です。メランジとは、フランス語で「混合する」という意味で、2色以上の霜降り糸のことをいいます。糸にする前(紡績)の綿(わた)の状態で染色をして作ります。

くすんだ色の絶妙さや、発色の良いものもあり、垢抜けています。

天然素材で、耐久性が高く、しかも汚れにくいファブリック。
「ウール」です。天然の油分を含み、表面で水分をはじく性質があるため、汚れが中に浸透する前に表面でとどまります。そのため、何かをこぼしたときも、水を含んだタオルでたたけばOK。化学繊維がメーンの生地(ポリエステルやナイロン)はといえば、水を含んだ汚れはつきにくいものの、摩擦で静電気が発生しやすく、チリやホコリを吸引して薄汚れていきます。

あのうすら汚れ。なんか汚い、あれです。

 

◆Molly 2・・・New wool 100%

同じく新毛のみを使ったウール100%の生地。上記と違うのは、梳毛糸(そもうし)を使用しているとゆう事。

Molly2は、染めを行わずに天然そのままの色を使い、交織(まぜおり)がつくりだす魅力をそのまま見せるデザインです。

メランジは「紡毛糸」(ぼうもうし)・・・割愛しますと、短い原毛に撚りをかけて長くつくる事。そして撚りを甘めにしてるので、ウールの糸といえばとゆうようなフワフワな毛羽がたち、より保湿性に富んでいます。

そして梳毛糸・・・毛足の長い原毛を揃えて、短い毛は取り除いて糸をつくります。撚りを強めにしているので毛羽がなく滑らか&光沢がありウール100%なのにつるつる。羊毛????(・・)と、思うくらい滑らかな糸が出来上がります。

そんな生地です(^^)

全体的に、上品で都会的な印象で、穏やかで控えめな印象も持ち、周囲の色を引き立てる感じがします。

ちなみにマーチンデールは7万5千回。!

◆Colline・・・New wool 75%  /  acrylic 17%  /  nylon 8%

和訳は「丘」突起した部分がイメージを醸し出します。

素材、色、質感全てを有機的に・・・有機的とはですね、多くの部分が集まり強く結びついて一個の全体を形作る事。です。写真を見ていただくとイメージいただけますでしょ(^^)

生地に凹凸の表情がある上で平らな生地より強度のリスクがあります。化繊のアクリルが入る事で、型崩れ、ゆがみなどを避けることが出来ます。ニューウールに混紡することで色を綺麗に出せるというメリットがあります。ナイロンも入りより、耐久性が増します。マーチンデールは10万回!わお!

◆Hallingdal 65・・・New wool 70%  /  viscose 30%

クヴァドラ初のテキスタイルHallingdal。1965年に巨匠・Nanna Ditzelのデザインにより誕生した、非常に優れた耐久性をもつ家具用ファブリックが、カラースケールを一新して、Hallingdal 65としてリニューアル。

ニューウールとビスコースで作られています。耐久性と柔軟性に優れたウールと、色に輝きと深みを添えるビスコースは、お互いによく補いあう素材です。ビスコースはレーヨン素材の一種で、最も古い自然素材の合成繊維です。
シルクの代わりとしてドレスによく使用されていたほどです。光沢や質感に優れています。
繊維が細く長いので、なめらかでさらりとした感触が心地よく、やわらか。
染色性もよいので、染色やプリントがしやすく、きれいな色が出ます。さらに色落ちせず、日焼けもしにくく、吸湿性があり、伸縮性、強度も十分にあります。

紡ぐ前に両方の素材を先染めすることで、ファブリックに豊かな質感がうまれています。☆

マーチンデール、こちらも10万回!

※最後になりましたが、価格帯は各モデル、おおよそ「L-1」ランク位の感じです。都度お見積りが必須事項なので、あくまでも目安ですが少し目安がありますとご予算組みやすいかと・・・☆

<マーチンデールの目安です>※使い方によります

 

  • ~9,000 飾り~軽使用
  • 10,000~19,000 軽使用~一般使用
  • 20,000~39,000 一般使用~重使用
  • 40,000~59,000 重使用~公共・商業施設
  • 60,000~ 重使用~公共・商業施設

何卒、よろしくお願い申し上げます!

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。