チェア

京都 家具屋 左京区へ Awaza回転チェアを 納品しました

数年前に弊社でケヤキの一枚板にバーズさんの椅子とダイニングのシーンをご注文くださいましたお客様。

ご主人の在宅勤務が今後も続かれるご様子から、

「長時間座っても身体に負担のかかりにくい椅子」を、お探しに ご来店くださいました。

数ある椅子を数回座り比べ下さいまして決定されたのは INOUE Associatesの「Awaza chair 回転椅子」のキャスターなし。

樹種はウォールナットです。

*******************

所謂、事務椅子ではない椅子にして欲しいと、奥様。

なぜ奥様が いかにも事務椅子ではない椅子を ご所望なさったか 分かるくらいの空間でらっしゃいますね(^^)🌸

採光もシチュエーションも、これはこれは、素敵ッ!

そして、ワークデスクもクラシカルで民藝をのぞかせています。

実に清楚で 品のある仕事部屋です。

陽があたたかな時間には、縁側で一休みできるなんて 思いを巡らせるだけで トキメキます☆彡

そして、今回「Awaza チェア」をご注文くださり、とても雰囲気のある ワークスペースに着地です!

座面が 360度まわる 回転椅子なので、様々なアクションによる動きを制限しません。

宮崎椅子製作所さんの椅子も ご主人様は 候補にあげておられましたが、

あくまでもデスクワーク用の椅子。長時間座る事に長けた「腰の椅子」こと Awazaチェアは、人間の身体・能力にあわせて設計された椅子です。

そこへデザイン性も加味され日本で生産されています。

写真右はお客様の椅子なので脚カバーはそのままです(^^)

左の椅子は店頭に展示しています。

生地は、「布 2ランク」の デンマーク ケアロップ社の生地です。

ケアロップ ヴァヴェリ社は デンマーク「ユトランド半島」の ケアロップという

人口5,000人にも満たない 小さな街にある 小さな生地製造メーカーです。

今回お客様がお選びになられました生地は「KR-LB(ライトブルー)No.10-143」です(^^)

ケアロップ社の生地は、PPモブラー やカールハンセン&サン、フィンユール、フリッツハンセン等もですが、北欧の古い椅子やソファの張替え等にもよく使われています。

最近弊社でも好評いただいてます 同じくデンマークの Kvadrat社のもの同様、ウールがメーンの為、耐久性は勿論、色の飛び方も化繊だと薄汚れて残念な感じになりますが、これらは化繊のようにはなりません(^^)

しかも太い番手の毛を使用するので、織り上がり感が あるもの 生地の特徴です。

他の生地では出すことができない柔らかさを家具全体に持たせることができます。

****************

生地にこだわると、目に心に、うっとりとさせてくれます(*^^*)

Awazaの回転椅子はキャスター付きもございます。

そして、ハーフアームの角度が真っすぐ水平の為、肘の滑りもなく、

無垢材の削り込みの丸みは 目好く、アーム自体の幅もあるので 肘を置いた時の安定感がしっかりあります。

背も座も新しいものと交換できるようになっています(^^)

・・・といっても、INOUE Associates の イノウエご婦人は「数年やそこでへたり込むようなモノは使っておりませんのよ。ご安心くださいませ」と🌸

ありがとうございました!

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。