Staff Blogスタッフブログ

京都 家具屋 左京区へ 広松木工さんのFREX Dining tableを納品しました

左京区の御宅へ 広松木工さんの FREXダイニングテーブル W1680をご納品いたしました(^^)

樹種は「オーク材」です。FREXシリーズの天板の厚みは32㎜厚あるので薄すぎず分厚くて野暮ったい感じのないいい厚さです。

節あり材を使っています。

この節の部分も綺麗に掃除し、穴埋めも 指でなぞっても真っ平に埋め込みされ、手が込まれています🌸

突板では 出ない密度が 空間に木材感を落とし込めます。

天板の仕上げも イガイガした雑さがないので 上の写真のように美的にも問題なしです(*^^*)

お店に展示している天板です。木もいい感じに馴染んできてますよ~~☆彡

*****************

今回 HPからお問い合わせくださり、横幅と奥行きがそれなりにあって 人数が増えても手狭にならないテーブルをお探しでした。

こちらは、脚の取り付け方で「座卓にもなり、ダイニングテーブルにもなる」2つの使い方ができる優れものです(^^)

<ダイニングテーブル時の高さ H710>

<座卓時の高さ H330>

座卓時、センターテーブルとしてもお使い可能です(^^)

**************************

お客様の御宅の床は ウォールナットでらっしゃいますが、こうしてオークの天板を合わせても違和感は出ません(^^)

生活のベースとなる家具は、毎日の空間の質をかえるものでありますから、

家具によって適材適所に無垢材が使われたり、突板が使われたり、

各部材の そのものの本質をしっかり見極めて作られた家具は 日々使い続けられる道具となり ずっとお客様へ寄り添います。

*****************

最後にお嬢ちゃん🌸

ご納品時はお邪魔いたしました! 奥行き840あるので、普通のセンターテーブルより広くお使いいただけます。

ご家族でお食事や団欒、宿題したり お友達と遊んだり (^^)沢山の時間を刻んでください!

またお手入れもお気軽にご相談ください!

ありがとうございました!

 

go to top